火葬したはずの亡き息子が4か月後に帰宅 母親が衝撃受ける(露)

拡大画像を見る

露サンクトペテルブルクの西に位置するコトリン島のクロンシュタットに住むアントニーナ・ミハイロヴナさん(Antonina Mikhailovna、62)は、息子のコンスタンチンさん(Konstantin、43)を亡くして悲しみに暮れていた。しかし息子の死から4か月経ったある日のこと、亡くなったはずのコンスタンチンさんが目の前に現れ、アントニーナさんは気を失いそうになったという。

遡ること今年の3月18日、コンスタンチンさんは家を出たまま音信不通になってしまった。アントニーナさんは息子がいなくなってから6日目に警察へ捜索願いを出した。そして1か月後に警察から連絡があり、「コンスタンチンさんと思われる遺体を発見したので確認して欲しい」と連絡があった。

確認したアントニーナさんは、コンスタンチンさんの遺体だと判断し「息子に違いない」と警察に告げたそうだ。またアントニーナさんはこの日のことを「それは人生で最悪の日だった」と明かしている。その後、警察は遺体をアントニーナさんに引き渡した。

後にアントニーナさんとコンスタンチンさんの別居中の妻と娘を含む家族で葬儀を行い、火葬して地元の墓地に埋葬した。ところがその4か月後に自宅玄関をノックする者がおり、ドアスコープを覗いたアントニーナさんは気絶しそうなほど驚くこととなった。

玄関先には、亡くなったはずのコンスタンチンさんが立っていたのだ。その姿を見たアントニーナさんが“息子”と理解するまで、かなり混乱したことだろう。その後、アントニーナさんはコンスタンチンさんが生きていたことを警察に伝えた。

遺体の誤認について警察に謝罪したアントニーナさんは、「当時は非常に動揺していました。その遺体はとても息子に似ていたので、警察に『自分の息子』と伝えたのです」と明かした。

一方でコンスタンチンさんはその間、路上で生活していたようだ。家を出た理由について、警察には「当時、私は自分の人生にどんな意味があるのか、また自分のやりたいことは一体何なのかを考えるために一度家を出たのです」と語ったという。

現在のコンスタンチンさんは、再び自分のIDなどを復活させるのに手間取っているそうだ。なお警察では、埋葬された男性の身元を捜査しているとのことだ。

画像は『The Sun 2019年9月13日付「BACK FROM THE DEAD Mum almost collapses in shock after ‘dead’ son whose body she identified turns up on her doorstep four months later」(Credit: CENTRAL EUROPEAN NEWS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 9/16 21:30
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 火葬されたのは誰?( ̄▽ ̄;)

  • 壁∥* ̄ー ̄) ご遺体の状態と気持ちが動転してしまって 判断出来なかったりするんだろうね… でも 誰のご遺体だったのでしょう?

記事の無断転載を禁じます