立花孝志「NHKはもう安倍晋三政権と一体ですよ」

拡大画像を見る

――NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)が「NHKをぶっ壊す」と公約して参院選で初当選したことで、改めてNHKの在り方や受信料制度が注目されている。「しかも、森友学園問題では、NHKはスクープをつかんだのに報道しなかった疑惑もあり、公共放送であるNHKが安倍晋三政権へ忖度する姿勢も問題になっています」(全国紙政治部デスク) 立花氏はなぜ「NHKをぶっ壊す」と闘うのか。

「毎年、入ってくる国民の受信料からなる予算はすべて使い切れ!――というのが、受信料で成り立っているNHKの基本的なスタンスです。だって、予算が余ったら受信料を値下げしろって話になるでしょう。NHKにとって、それは困るわけですよ。だから、先に予算を立てることなんかしない。たとえば、あおり運転が世の中で話題になったら、とにかく“取材行け、番組作れ!”で、番組が大赤字になってもかまわない。別の番組の黒字で埋めればいいという丼勘定。局全体でいったら、金は余ってるわけですからね。

 そうやって、赤字出したプロデューサーやディレクターが出世していますよ。逆に金にシビアな人は出世してないですね。だから、制作時に予算を安くあげようという感覚がないんです。関連会社に仕事を発注するときも見積もりを取らず、番組ができてから見積もりが来ることがあるんです。とりあえず予算をすべて使い切るため、“関連会社に流しとけ”という発想です。ときには“制作費”という名目で必要以上の金を上乗せして流すこともあります。そうやって関連会社に金を貯めておけば、自分たちが将来天下った際、その会社からたくさん役員報酬がもらえる。そんなふうにしか考えてないんですよ」

――立花氏は、“皆さまのNHK”から、7000億円もの“皆さまの受信料”が消えるカラクリの元凶は、そこにあると明かす。NHKは10月の消費税増税時に受信料を据え置き、来年10月に値下げすると発表。引き下げ分は受信料収入の4.5%分に相当するが、2012年に受信料収入の7%分を引き下げたのに比べると小幅に終わっている。

■有働由美子アナの経費も落としていた

「僕がNHKを退職して14年になりますが、在籍当時、局員は飲み代やタクシー代などの経費も使い放題でした。1泊2日の出張で2日目の夕方ギリギリに帰って、2泊3日分の出張費をもらうのは、当然の権利だという人もいた。

 僕は報道局の経理担当だったので、有働由美子アナ(現在はフリー)の経費もよく落としていましたね。当時、有働はNHKの偉いさん関係のお葬式や結婚式の司会によく駆り出されていました。テレビに映らない“裏の仕事”ですね。そんなわけで彼女はよく偉いさんから飲みに誘われるわけですが、たとえば、有働と部長クラスと局長クラスの3人が飲んで、“割り勘”って話にはならないでしょう。そんなに高い店ではありませんが、たいてい個室でしたね。合計すると、有働を囲む接待食事会は約10回や20回はあったでしょうか。有働からしたら、お偉いさんにゴマをする機会でもあるわけですが、僕がまあ、そのための飲み代をうまく処理していたんです」

■NHK集金人の強面訪問

――立花氏が「NHKをぶっ壊す」と決意した理由の一つに、NHKが受信料契約する際の悪質行為があるとされる。受信料の新規契約と集金を代行する会社は主に3社。このうちの1社であるエヌリンクスは、東証二部上場の企業。ちなみに集金人の実態を批判して立花氏が参院選に当選したことなどで、同社の株価は一時、上場来安値を更新したという。

「毎日のように、ウチのコールセンターに電話かかってくるんですよ。“NHKの集金人が家に来ていましたが、立花さんの名前出した途端、いなくなりました”って。彼らは会社から、こう言われてるそうなんです。“立花の名前が出たら、これまでにないぐらいの全力疾走で逃げろ”と(笑)。逃げるっちゅうことは悪いことしてるってことでしょう。

 この前、名古屋市で技能実習生のベトナム人が契約に来た集金人に消火器を噴射した事件があったでしょう。あれなんて会社から外国人の家に行けという指示が出ているから起きた事件ではないかと思いますね。外国人がテレビはないといっても、“携帯持ってるだろ、ワンセグあるだろ”って、日本語がしゃべれない人たちを威圧とも取れるような“強面訪問”するわけですよ。

 日本人にも、NHKの集金人がドアに足を突っ込んだり、バインダーを挟んでドアを閉めさせなくするなんて話もよく聞きます。家の前で待ち伏せするなんてのもあります。僕が6年前から注意しても、NHKはそれについて調査すらしない」

――一方、NHK会長は現在の上田良一氏で22人目。立花氏は「NHKがおかしくなったのは、15代会長の島桂次氏(故人)から」だと打ち明ける。

「島さんのときに衛星付加受信料というのを政府に認めさせたんですが、これは、NHKの受信料制度からしたら、完全におかしな話。そもそも、衛星放送は、放送法15条に規定されている“あまねく日本全国で受信させる”という原則に基づき、離島や山間僻地でも映るよう宇宙から電波のシャワーを降らせるため、衛星を宇宙に打ち上げたわけですよ。だから、そんなものに付加料金を出すことがおかしいんです。そもそも衛星放送に公共性なんてないでしょう。プロ野球中継や映画のどこが公共放送なんですか。その島氏の次の会長が川口幹夫氏で、その次の海老沢勝二会長の時代に大きな不祥事が発覚しました」

■「国民ファースト」の姿勢こそNHKのあるべき姿

――04年に「紅白歌合戦」担当プロデューサーの制作費不正支出などの不祥事が発覚。海老沢氏が国会に招致された際にNHKが生中継しなかったことから、受信料の不払い運動まで起きた。

「海老沢さんは島会長時代に一度、本流から外され、NHKエンタープライズの社長に。いわば左遷されてた人です。だから会長になった際には、海老沢さんは自分の脅威になりそうな人を、どんどん異動させるなど、独裁体制を敷こうとしていたんですね。

 そのため僕みたいな、まったく寝首をかく可能性のないヤツを重宝するわけです。実は、信じてもらえないかもしれませんが、僕は海老沢さんのカバン持ちだったんですよ。いつも会長はウーウー唸っているんで、“カバン持ちますよ”というと、“ええよ、自分で持つよ、ウーッ”って、また唸るんです(笑)。

 海老沢さんによると、日本の3大自慢が、富士山・新幹線・NHKだとか。もう本当に保守の人ですよ。ただ、海老沢さんの時代には、今のように強硬な受信契約はなかったですね。その次の次の福地茂雄会長(アサヒビール元社長)のあたりからですね、NHKが変節し、傲慢で強行になったのは……。で、福地さんの次がJRの松本正之さん(JR東海元社長)、次が籾井勝人さん(三井物産元副社長)ですよね。そんな株式会社の人が公共放送のNHKの会長やったらアカンでしょう」

――籾井会長は着任当初、「政府が右というものを左というわけにはいかない」と発言し物議を醸し、“安倍首相のお友達”と呼ばれた。また、松本会長時代に政府が国会に提示したNHK経営委員会のメンバーには、作家の百田尚樹氏ら安倍首相の“お友達”がズラリと並び、“アベさまのNHK”と揶揄された。

「(NHKが安倍政権に)近いかどうかっていうより、もう安倍政権と一体ですよね。近いというレベルじゃない。だって、安倍さんがNHK経営委員を任命するわけですよね。そして次に、任命された経営委員が会長を選ぶわけでしょう。しかし、これはおかしいですよ。本当なら、NHK会長人事については、受信料で金を集めてる以上、国民の声を聞くべきでしょう。国民の中から経営委員になりたい人を公開抽選で決めるべきなんです。NHK経営委員になっていただきたい人、誰がいいですかってね。これこそが、公共放送局であるNHKのあるべき姿ですよ」

――立花氏が主張する通り、「国民ファースト」。この姿勢こそNHKのあるべき本当の姿だろう。立花氏とNHKとの“本当の闘い”“改革”が今、始まる!

関連リンク

  • 9/15 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ばんび

    9/15 14:59

    腐りきったNHKを~~~ぶっ壊せ!o(`^´*)

記事の無断転載を禁じます