『鉄腕ダッシュ』山口達也の復帰も? 城島茂が占う未来は「再スタート」

拡大画像を見る

 TOKIOの城島茂(48)が、ロケの休憩中に行ったタロット占いで引いたカードが、ファンをザワつかせてしまったようだ。

 この様子が見られたのは、9月8日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)でのこと。今回の放送は“初モノ奪取”で、食べれば寿命が75日延びるという旬の初物をTOKIOが獲るという内容。城島と松岡昌宏(42)はイセエビの初物を求め、イセエビ漁の解禁日が日本一早い、千葉県いすみ市の大原漁港に向かった。

 イセエビ漁の初日は、漁船を全速力で走らせながら、岩場の地形に合わせ刺し網を投下。船のスピードと波がぶつかる衝撃で、さすがの城島と松岡も苦戦していた。そして、仕掛けた網を揚げるのは12時間後になるため、2人は旅館で仮眠を取ることに。

 そこで城島は「水揚げ前のゲン担ぎ」だとタロットカードを取り出すと、“城島は長生きできるか”というテーマで占いを始めた。しかし、直感で引き当てたカードは「DEATH(死)」を意味するという“死神”で、城島は「なにこれ……」と落胆してしまう。

 そして、テロップが“死神”の意味を「現実から目をそらす・前進できない」と説明すると、松岡も「明らかに嫌なカードなのは俺にも分かるよ。死です!」と残酷な宣告。松岡が布団の上で笑い転げると、城島は「とにかく休めってことだな」と、ポジティブに受け止めようと横になった。

 これを見ていた視聴者は、ネット上で「長生きするための企画で死神のカードを引いちゃうとこが、やっぱりTOKIOのリーダーって感じ」「とにかくリーダーには長生きしてほしいし幸せになってほしい」「リーダー死なないで……」などと皮肉な結果に笑いつつも、城島の心配をしていた。

 その一方で、番組では詳しく触れなかったが、城島が“死神”を天地逆位置で引いていたため、タロットの知識がある視聴者から、「リーダーからしたら死神の逆位置だから、再スタート、新展開、挫折から立ち直る、起死回生、名誉挽回……良い意味だと思うんだけど」などと、心配することはないという声もあった。

「今回の放送では、城島茂が過酷な船上での作業中に、五十肩で肩が上がらないとボヤく場面がありました。タロット占いでは“前進できない”と出ていましたが、山口達也の脱退以来、城島にはしんどいロケが続いているのは確か。それもあって、ファンの間では山口の復活を望む声が、日ごとに強くなっています。タロットの別の解釈では“再スタート・新展開”だという指摘がありましたが、山口の電撃復帰もあるかもしれませんね」(芸能誌記者)――復帰すれば、リーダーも楽できます!

関連リンク

  • 9/15 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 連休下さい

    9/15 14:35

    山口君復活なら、また見るよ。最近余り見てないから。

  • セレネ

    9/15 14:18

    達也復帰いいね(≧∇≦)bDASHの企画に専念すれば、リーダーだけでなく、太一も松兄も長瀬も楽になるよ!それに、復帰希望を望んでるのはファンたけじゃないと思う。企画に携わってるスタッフや、農業や大工の匠など指導して下さってる人達も待ってるはず!!それだけ、達也が身に着けてる技術は高いのだから!!

記事の無断転載を禁じます