【MLB】大谷翔平、自己最速183キロ弾に敵地メディア「ライトにかっ飛ばした。グッバイ」

拡大画像を見る

エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のインディアンス戦に5試合連続のスタメン出場。第3打席で4試合17打席ぶりとなる18号ホームランを放った。このアーチは自己最速となる打球速度114マイル(約183キロ)をマーク。敵地のメディアもこの様子を伝えている。

打球速度は自己最速183キロ、18号弾に敵地オハイオの地元局は

■インディアンス 4-3 エンゼルス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のインディアンス戦に5試合連続のスタメン出場。第3打席で4試合17打席ぶりとなる18号ホームランを放った。このアーチは自己最速となる打球速度114マイル(約183キロ)をマーク。敵地のメディアもこの様子を伝えている。

 大谷は3点を追う5回1死走者なしから84.2マイル(約136キロ)のスライダーを捉えると、右翼席に叩き込む18号ソロに。米オハイオ州の地元局「スポーツタイム・オハイオ」の実況、マット・アンダーウッドは「ライトにかっ飛ばしました。入りました。グッバイ、オオタニの本塁打です」とその弾丸っぷりを伝えた。

 さらに同局の解説を務めたインディアンスOBのリック・マニングも「内角へのスライダーでした。速いスイングでライナーを放ちましたね」と打球速度だけでなくスイングスピードにも注目していた。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 9/12 22:12
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます