C・パレス指揮官、今夏チームに残留したザハに言及「彼は成熟している」

拡大画像を見る

 クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督が、同チームに所属するコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハについて言及した。12日付けで、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 今夏、ザハには他クラブからの関心が寄せられ、ザハ自身もC・パレスからの移籍を希望していたものの、結局移籍には至らなかった。しかし、同選手はここまで公式戦5試合すべてに出場しており、チームのために貢献している。そんなザハの姿に、ホジソン監督は以下のように語った。

「ウィルフの移籍を絶対に止めることはできなかったよ。彼だって、最高峰の選手たちとプレーしたいだろうからね。でも残念なことに、彼が望むようなオファーは届かなかったんだ」

「ただ、今回の状況を受け入れたウィルフは、私にとって何の問題もないよ。彼の働く姿勢は以前と全く変わらない。彼は成熟しているね、素晴らしいよ」

 ザハの貢献もあり、C・パレスはここまで4試合を終えて2勝1分1敗。プレミアリーグの4位につけている。

関連リンク

  • 9/12 18:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます