日本初のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」、2020年4月に開業

拡大画像を見る

 サンユー都市開発は2020年4月に、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトにした国内初の“eスポーツ特化型ホテル”「e-ZONe ~電脳空間~」を、大阪・日本橋に開業する。

 「e-ZONe ~電脳空間~」は、eスポーツを初めて体験したり、オフ会を開催したり、大会前に泊まりがけの合宿を行ったりといった、eスポーツを楽しむプレイヤーに至福の体験を提供すべく企画した。eスポーツコネクトの協力のもと、サンユーグループのANTAVEL、オックスコンサルティングが運営する。
 地下1階から8階までの全9フロアで、1階~3階はゲーミングフロア、4階~8階はキャビンフロア(宿泊フロア)、地下1階にはシャワーフロアを常設。施設内には最大71席のハイスペックPCブースを用意するとともに、実況配信用の設備も完備する。また、7階にはハイスペックPCを設置する特別ルームフロアを設ける。
 個人客の宿泊のほか、eスポーツの大会やイベントも開催予定。住所は大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目9街区(以下未定)。交通アクセスは、地下鉄(堺筋線)恵美須町駅から徒歩7分、南海(本線・高野線)なんば駅から徒歩9分、地下鉄(御堂筋線)なんば駅から徒歩10分、近鉄(大阪線)日本橋駅から徒歩10分。

関連リンク

  • 9/12 17:47
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます