「日本ゲーム大賞2019」大賞は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に決定

拡大画像を見る

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は9月12日、千葉県・幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2019」のメインステージにて「日本ゲーム大賞2019」の大賞を発表。今年度は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が選出された。「経済産業大臣賞」にも「大乱闘スマッシュブラザーズ」プロジェクトチームが選ばれた。

「日本ゲーム大賞2019」は、2018年4月1日から2019年3月31日に発売した1,000を超える作品を対象に、一般投票および日本ゲーム大賞選考委員で審査を実施。12日には、年間を代表するにふさわしい作品を表彰する「年間作品部門」各賞、日本を代表するトップクリエイターがプロの視点で選ぶ「ゲームデザイナーズ大賞」、ゲーム産業の発展に寄与された人物、団体に贈られる「経済産業大臣賞」が発表された。

「日本ゲーム大賞2019」大賞は、「年間作品部門」の「優秀賞」から選ばれる。「優秀賞」には『メギド72』『Detroit: Become Human』『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『JUDGE EYES:死神の遺言』『Marvel's Spider-Man』『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『キングダム ハーツIII』『バイオハザード RE:2』『APEX Legends』『Devil May Cry 5』『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の11本となった。

また、「グローバル賞 日本作品部門」は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』、「グローバル賞 海外作品部門」に『レッド・デッド・リデンプション2』。「ベストセールス賞」にも『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が選ばれた。

「特別賞」は、ダンボールとNintendo Switchを組み合わせて、"自分で"コントローラーを作って遊ぶ斬新さが評価された『Nintendo Labo』が受賞。

「ゲームデザイナーズ大賞」には、360度全方向でアクションが楽しめるVR『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』が選ばれた。

関連リンク

  • 9/12 17:56
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます