マツコも衝撃!『ラブライブ!』声優・徳井青空が「東大生の人生を変えた!?」

拡大画像を見る

 9月10日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)では、“台湾まぜそば”を特集。今回のプレゼンターを務めた東大大学院生の「台湾まぜそばにハマったきっかけ」が、ネット上で大きな反響を呼んだ。

 この日の番組は「マツコ初体験! 台湾まぜそばの世界」というテーマで放送。東大大学院に通う塚田涼太郎氏(24)がプレゼンターとなり、マツコ・デラックス(45)に“台湾まぜそば”の魅力を紹介した。

 番組の冒頭、塚田氏が台湾ませそばにハマったきっかけは、アニメ『ラブライブ!』のファンだったことだと説明。同アニメのキャラクター・矢澤にこ役の声優である徳井青空が「台湾まぜそばが好き!」と公言していたのを知り、台湾まぜそばに興味を持ったと語った。これを聞いたマツコは「ちょっと意味合いが変わってきたわね」とツッコみ、スタジオを沸かせていた。

 このとき『マツコの知らない世界』で『ラブライブ!』の主題歌が流れ、徳井の写真も紹介されたが、これに当の徳井青空がツイッターで反応。「マツコの知らない世界を見てたわたし……そらまる(徳井の愛称)じゃん!!」と、突然の紹介に驚いた様子。続けて「台湾まぜそばはほんとめちゃくちゃうまい」「わざわざご紹介いただきありがとうございました!」と感謝のツイートをしていた。

 そして、いきなりゴールデンの人気番組で『ラブライブ!』が取り上げられたことに、ネットは騒然。SNSでは「唐突に“そらまること徳井青空”に笑った」「急なμ'sとそらまるさんにびっくり」「まさかのラブライバー(笑)。にこ推しですか」「1人の方の人生を大きく変えてますね」など、驚くファンが続出。ついでに「台湾まぜそば」のワードまでツイッターの上位トレンドに入っていた。

 ちなみに、ラブライバーの間で“徳井の台湾ませそば好き”は有名な話で、塚田氏以外にも徳井の影響でまぜそば好きになったというファンは数多くいるようだ。

 いろんな意味で『ラブライブ!』の影響力はすごい!

※画像は徳井青空のツイッターアカウント『@tokui_sorangley』より

関連リンク

  • 9/12 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます