どう見てもレタスにしか見えない「メモ用紙」が発売されたよ~! ちぎってシワを伸ばしてから使ってネ

拡大画像を見る

どこからどう見てもレタス。しかしその実態は……なんとメモ用紙

ヴィレッジヴァンガードのオンラインストアで販売されているのは、2度見どころか3度見4度見してしまいそうになる、レタスにしか見えないメモ用紙「東京書けるレタス」

メモ用紙自体はもちろん、透明のパッケージまでスーパーに売られているレタスそのもので、クオリティーの高さに圧倒されます。

【本物そっくりに見せるポイントは「シワ」】

本物のレタスをちぎるみたいに、1枚ずつちぎって使える「東京書けるレタス」。

100種類近い紙のなかから “もっとも美しくシワになりやすい紙” を選び、シワを折り込んで多層化することで、レタスを立体的に再現しているといいます。

メモ用紙はシワシワの状態なので、使うときはシワを適度に伸ばす必要があります。なお、メモの裏面には薄いドットが印刷されていて、メモが書きやすくなっているそうですよ~。

【パッケージのクオリティーもハンパないっ】

パッケージには透明の “レタスフィルム” が採用されているのですが、白と紫色で印刷された文字やロゴがなんともリアル。

食品準拠表示まで再現するなど、細部までとことんこだわっています。

【本物のレタスよりもずっと軽量らしい】

メモ用紙とパッケージが組み合わさると、もう完全にレタス。本物のレタスの中にしれっと紛れ込んでいても、全く不自然ではありません。ただ、重さだけは通常のレタスよりずいぶん軽いそうなので、持ってみてようやく、「これレタスじゃない!」と気がつくかも~!?

おもしろ雑貨を生み出すプロダクトデザインチーム「geodesign」が制作した「東京書けるレタス」のお値段は1058円(税込み)です。
恋人や友人、家族をあっと言わせたいという人は、プレゼントしてみてはいかが?

※本文中の税込価格は2019年9月30日までのものです。

参照元:プレスリリース、ヴィレッジヴァンガード公式通販サイト
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 9/12 15:00
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます