有吉弘行とみちょぱに漂う“カップル”感!?「息ぴったりすぎ」

拡大画像を見る

 9月7日に放送された『有吉の夏休み2019密着77時間inハワイ』(フジテレビ系)は、“7回目だけどまた新しいハワイを発見しちゃったSP”と題した2時間スペシャル。その中で、有吉弘行(45)と“みちょぱ”こと池田美優(20)が繰り広げたカップルのようなかけあいが話題になった。この番組は、有吉が“気心の知れた仲間たち”と夏休みを過ごす様子に密着する毎年恒例のバラエティ特番。

 今回は有吉とともに、みちょぱをはじめカンニング竹山(48)、TKOの木下隆行(47)、アンガールズの田中卓志(43)、ロッチの中岡創一(41)、平野ノラ(40)、藤田ニコル(21)、丸山桂里奈(36)、平成ノブシコブシの吉村崇(39)が参加。出演者たちは「仕事2、プライベート8」を“旅の合言葉”に、ハワイを思う存分満喫した。

 初めに向かったビーチでは、有吉が「海ガメいたわ!」と大はしゃぎ。しかし有吉が持ってきたのは、亀ではなく緑色の海藻がからまった大きなゴミ。みちょぱは、そんな有吉を横目に「きったね」と冷静にツッコミを入れていた。その後一行は、お肉屋さんが経営するハンバーガー&ホットドッグ屋さんへ。そこでは田中が、なぜかYUIの代表曲『CHE.R.RY』を歌い始め、みちょぱが「怖い、なんか怖いんだけど」と怯えた様子を見せた。すると有吉が「意識してんの?」とちゃかす。「してないです!」と必死に否定するみちょぱに、有吉は再び「みちょぱが怖いとか意識してる。ちょっと自意識過剰じゃない?」とはやし立てていた。

 そして田中は、本当にみちょぱに告白したが、あえなく玉砕。「ちょっとでええから!」と食い下がる田中を、有吉が「やめなさい、田中!」「座んなさい、もう! 恥ずかしい」とたしなめていた。田中は、みちょぱにふられた後、丸山にも告白してふられ、帰国。有吉とみちょぱは、その後も息のあったかけあいを見せていた。

 みちょぱと有吉の仲の良さに、視聴者からは「みちょぱと有吉さんほんと息ぴったり」「最高のコンビ」「お似合いです」「なんかカップルみたいですごくかわいく見えた」「有吉さんが羨ましい」「みちょぱ、マジいい子。45歳の有吉さんのボケを全部拾ってくれる20歳」など、称賛の声が上がった。

 カップルというよりもコンビ!?

関連リンク

  • 9/12 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます