マルセイユ、FWトヴァンの離脱を発表…復帰は年明けの可能性も

拡大画像を見る

 DF酒井宏樹が所属するマルセイユは11日、フランス代表FWフロリアン・トヴァンが負傷により離脱することを発表した。

 トヴァンは約4カ月半前に行われた試合で足首を負傷した模様。このような負傷は適切な治療を受け、休養をとることで完治すると見込まれていた。同選手は1日に行われたリーグ・アン第4節サンテティエンヌ戦で今シーズン初出場を果たしたが、現在も足首に少し違和感を感じているという。

 発表によると、マルセイユはトヴァンを完璧な状態に戻すため、近日中に関節鏡検査を行うことを決定した模様。同選手はウィンターブレイク明けの復帰を目指すことになるという。

 現在26歳のトヴァンは2013年にマルセイユへ加入。ニューカッスルを経て、2016年にマルセイユに復帰した。昨シーズンはリーグ戦33試合に出場し、16ゴール8アシストを記録。チームの得点源として活躍した。

関連リンク

  • 9/11 21:48
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます