【ロッテ売り子名鑑】「チューハイで良かった」 柔らかな雰囲気作りと記憶力で勝負の2年目あやかさん

拡大画像を見る

ロッテは今季も、ZOZOマリンスタジアムでの主催ゲームを対象に大好評企画「売り子ペナントレース」を開催。現在は、厳選メンバー5人が、ハイレベルな決勝ラウンドで白熱したを繰り広げている。

「売り子=ビール」の予想に反して配属は「チューハイ」で「なんで?」

 ロッテは今季も、ZOZOマリンスタジアムでの主催ゲームを対象に大好評企画「売り子ペナントレース」を開催。現在は、厳選メンバー5人が、ハイレベルな決勝ラウンドで白熱したを繰り広げている。

 昨年はドリンクメニュー(ソフトドリンクも含む)の立ち売り販売をする売り子経験5年以内のメンバーが参加対象となったが、2年目の今年はハンデをつける形で売り子経験年数に関わらず参加が可能となった。勤続年数に応じて、日々の売上げ杯数にボーナスを加算。1年目は1日の売上杯数の150%、2年目は140%、3年目は130%、4年目は120%で、5年目以上はボーナスなしとなり、ソフトドリンク・日本酒の売上げは勤続年数に関わらず200%に設定された。

 さらに、月ごとの売上杯数1位の売り子が、9月からの決勝ラウンドに進出する新方式を採用。昨年の88名から一気に110名までアップした参加者の中から、各月の頂点に立った精鋭5人が9月1日から新たな戦いに臨んでいる。「Full-Count」では決勝ラウンドに進出した5人に直撃インタビューし、売り子という仕事に対する思いや情熱を語ってもらった。

 第3回は6月チャンピオンの、あやかさん(キリンビール)だ。

 今年で2年目のあやかさん。違う球場で売り子をしていた友達に、ZOZOマリンスタジアムで一緒にやらないかと誘われて、この世界に飛び込んだ。「ユニフォームがかわいいなと思ったのと、あとは華があって憧れました。体力作りの意味もありますね。ダイエットをしようと思って入りました」と笑うが、最初は野球のルールも分からず。それでも「お客様との会話で野球の話題は絶対に必要」と勉強を続ける努力家で、今では他球場まで野球観戦に行くまでになった。

「売り子=ビール」のイメージがあったが、配属されたのは「チューハイ」だった。「なんでチューハイ?」と気落ちしたのも束の間。“デビュー戦”はオープン戦だったのにも関わらず、約80杯を売り上げた。チューハイ担当は人数が少なく「ビールよりも(自分を)選んでもらいやすくてチャンスが多いです」と、やる気に火が着き、今では「チューハイで良かったと思います」と胸を張る。

6月ラウンドの勝者に輝き決勝進出「1位だと知ったときはびっくりしました」

 2年目の今年は1日に最高で約280杯を売り上げるまでに成長し、6月には合計2284杯(ハンデつき3198杯)を記録してチャンピオンに輝いた。

「自分がペナントレースにランクインするとは思っていませんでした。(最初は)ペナントレースをやっているとお客様に応援してもらえるから、やっておこうみたいな感じでした。なので、1位だと知った時はびっくりしました」

 接客で心掛けているのは「堅くならないように」すること。球場の野球観戦では、誰もが楽しい時間を過ごしたい。売り子はファンをおもてなしする重要なクルーの一人。堅苦しくなく柔らかでアットホームな雰囲気を作るためにも、「自分のことを選んで買って下さっているということが分かったら、素の自分で接しようと思っています」と自然な接客を心掛けている。

 一見、華やかに見える売り子だが、15キロの氷とチューハイを持って、球場をくまなく歩き回るため「夏はしんどい時も多いです」と話す。だが、そんな時に元気を与えてくれるのが、お客様の声だ。

「お客様がチューハイを買って下さったり、『今日も頑張ってね』と言っていただけるだけで頑張ろうと思えます。髪形を変えただけでも気付いて下さる方もいてうれしいですね。自分のことを見ていて下さるってモチベーションが上がります。いつも買って下さる方には結果でも返したいですし、接客中に『ありがとうございます』と伝えて頑張りたいと思います」

 現在大学3年生。法学部に在籍するため、テストで忙しい時期もあるが、休まずに続けてきた。将来の夢は模索中。「売り子を続けながら、やりたいことを探していきたい。来年就活なので、売り子をやってたことも生かせればいいなと思います」と話す。売り子を始めてから気が付いた「顔を覚えるのが早い」という特技もある。「たまたま2回買って下さったお客様を私が覚えていて、それをきっかけに長く買っていただいたこともあります」という。

 9月1日から決勝ラウンドが始まり、ギアが一段上がった。初日は「(普段よりも)ガツガツしてた気がします」と苦笑いするが、「せっかくお客様に(6月)1位にしてもらったのに、最後ビリだったら申し訳ないと思うので、頑張りたいと思います」と気合は十分。「買って下さる方を見つけたら、すぐに行きます!」とラストスパートをかける。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 9/11 21:47
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます