水原希子、“テーブル上でM字開脚” 下着姿の過激ポーズに賛否

拡大画像を見る

 モデルで女優の水原希子(28)が9日、自身のインスタグラムを更新。独創的なアングルで撮影されたM字開脚ショットを公開し、賛否両論の声が上がっている。

 波紋を呼んでいるのは、日本家屋の室内で撮られた1枚の写真。上半身はファーコート、下半身は下着のみといった格好の水原が襖の前に置かれたテーブルの上に乗り、M字開脚をしているというものだ。写真は横からの構図となっており正面の様子はわからないものの、刺激的かつ大胆なポージングであることは間違いない。

 ドイツ・ベルリンのファッション誌『INDIE Magazine』用に撮影されたもののようで、水原は他にも同じ場所で撮られたと思しき数点の写真を載せている。

 昨年11月にも、ベルリン発の雑誌の表紙を飾った“股間隠し開脚ショット”をインスタで公開し、物議を醸した水原。今回も「超かっこいい‼」「凄くセクシー」といった好意的な声が上がる一方で、「日本人としてはマナー的にout」「まさに外国人がやりそうな演出」「行儀悪すぎる」「テーブルの上で脚開くのはさすがにどうかな」「下品」といったしんらつな声も相次いでいる。

 時に凡人の理解を超えてしまうのが、アートの領域。これがドイツ人にとっての“クール・ジャパン”なのだろうか。

※画像は水原希子のインスタグラムアカウント『@i_am_kiko』より

関連リンク

  • 9/11 15:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

25

記事の無断転載を禁じます