高嶋政宏&高嶋政伸に「ビジネス」兄弟確執説が浮上!

拡大画像を見る

 8月21日、『高嶋政宏の旅番長 激動!ベトナム縦断編』(CS旅チャンネル)の記者会見に姿を現した俳優の高嶋政宏(53)。

 この日、一部週刊誌で報じられた弟で俳優の高嶋政伸(52)との確執について質問された政宏は、「(政伸の)泥沼離婚後、気を遣うのが正直なところ。行き来がないわけではないけど、確執はありますよ」とぶっちゃけた。

 6月26日、政宏と政伸の父親である、高島忠夫さんが亡くなったばかりということもあり、報道陣からは「お父さまも心残りだったのでは」と心配されると、「父が亡くなったことで、また会って協力してやった」と、忠夫さんが亡くなった際には弟の政伸と協力することができたと語った。

 また、8月22日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に政宏が出演。いとこで、バイオリニストの高嶋ちさ子(50)とともに、忠夫さんへの思いを語った。その際に、ちさ子から「確執とか書かれるよね」と、兄弟の確執について同情されたと、政宏は記者会見で明かしたうえで、「兄弟と会うくらいなら、奥さんや友達の方がよくないですか? 兄弟で会います?」と、記者に逆質問する場面もあった。

「21日の会見では、ナーバスになりがちな兄弟間の確執について、政宏さんがぶっちゃけてくれましたね(笑)。政宏さんは今回のような記者会見だけでなく、週刊誌からの直撃取材に対しても、時間があればいろいろ話してくれるんですよ。ただ、サービス精神が旺盛過ぎて、いろいろ“盛って”話してくれるんです。本当は政伸さんとの確執がなかったとしても、記者会見で“確執がある”と発言すれば、ニュースに取り上げられることも理解しているからこその発言ではないでしょうか」(女性誌記者)

 6月4日発売の『女性自身』(光文社)では、6年前の2013年以降、政宏と政伸は共演のオファーがあっても応じていないと伝えている。

「2人とも同じ事務所に所属していますが、事務所関連のイベントや懇親会などでも、2人を絶対に会わせないように調整しているといいます。ただ、これもマネジメントサイドが過剰に忖度しているだけなのかもしれません。忠夫さんのお葬式では、2人は普通に話していたといいますからね。世間で言われているほど、仲は悪くないんじゃないでしょうか。まあ、一般的な兄弟程度の不仲、確執があるのかも知れませんが、そこまで深刻なものではないと思いますよ」(芸能レポーター)

 “変態紳士”としても人気の政宏。今後は兄弟不仲ネタで番組に出演し、いずれは兄弟共演もある!?

関連リンク

  • 8/25 7:01
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます