今田「宮迫をお願いします」所属芸人がエージェント契約を巡り議論

拡大画像を見る

 タレントの今田耕司が24日、MCを務める「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演。「宮迫をお願いします」と後輩を思いやった。

 従来のマネージメント契約の他に、専属エージェント契約を導入した所属の吉本興業。友近は「見本もなにもないのでわからない」と悩んでいることを告白。元ほっしゃん。の星田英利は「(吉本が)自分ところが作る番組は、エージェントよりも専門を使いたい」と予想した。

 すると、ほんこんは「こういう番組とかはエージェントしたら呼ばれなくなる。だからそんなもんはイヤですよ」と従来の契約を選ぶと宣言。月亭八光が、会社にもっと強く言うように勧めても「イヤですよ。楽しくやらせてもらってんのに」とかぶりをふった。今田も「俺なんか、拾ってもらったからな」と穏便に話を進める立場だとした。

 またゲストの生島ヒロシが、大崎洋会長がメル友で、騒動の渦中もずっとメールし合っていたことを明かした。「好きなんだけど売れない子がいるのが現実。全員をハッピーにできないのがつらい、と。すごい情熱を持っている」とやり取りの一部を紹介。すると今田が即座に「ですから、宮迫をお願いします」と後輩の名を出した。

 謹慎中の宮迫の様子については、元芸人のお笑いジャーナリスト・インタビューマン山下氏がテレビ番組で、料理が得意なことから、子供食堂のボランティアを行っていることを明かしている。

関連リンク

  • 8/24 13:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます