星野源「川田裕美と結婚」を裏づける“意外すぎる好み”

拡大画像を見る

 8月21日、歌手で俳優の星野源(38)が、『1周回って知らない話 2時間SP』(日本テレビ系)に出演。トークの中で、元読売テレビアナウンサーで現在はフリーとして活躍する川田裕美アナ(36)の長年のファンであることを明らかにした。

 9年ほど前、ライブで大阪を訪れていた際、偶然、川田アナがアシスタントを務める、ブラックマヨネーズの冠番組『マヨブラジオ』を目にして、「ステキだなぁ、と思って。絶対に全国区になる!」と直感したと語った。

 さらに、大阪に住む友人に頼んで「(出演番組を)録画して番組を送ってもらって」と、川田アナが出演していた番組を送ってもらってまで見ていたと話し、スタジオを騒然とさせた。

 星野は、川田アナについて「ものすごいホスピタリティがある」「むちゃぶりとかも楽しんでやっていたり、人間力が高い感じがする」と、その魅力を熱く語り、「公に言ったのは初めてですね」と続けた。

「この番組にはご本人の川田アナも出演していましたが、星野に目の前で絶賛されて喜んでいましたね。星野が初めて語った、川田アナへの好意。今回の告白は番組でのことかもしれませんが、これはけっこうマジな展開になっていきそうな気がします。近いうち、2人が真剣交際、さらには結婚まで発展していく可能性も十分考えられるのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 というのだが、2人が急接近するワケとはいったい?

■川田アナは、元バリバリのギャル!?

「星野は最近出演した番組の中で、“ギャル好き”も公言しているんです。実はそのことが大きいんじゃないかと」(前出の芸能プロ関係者)

 星野は、8月19日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。この日は、最近の私生活や結婚観についてトークを繰り広げた。

 番組MCを務めるくりぃむしちゅーの上田晋也(49)から、「結婚したいとかそういうのはない?」と質問されると、星野は「結婚したいです」と即答。さらに「どんな人がタイプ?」と質問されると「お風呂を出た後に浴室乾燥(のスイッチ)をすぐ押す人」と、かなり具体的に回答した。

 その理由を聞かれると、過去に藤田ニコル(21)が、「お風呂を出た後すぐに浴室乾燥のボタンを押す」というのを見て「キュンときた」からと星野は話し、さらに「それ以降ギャルの人が好きになった」と告白した。

「『しゃべくり007』の放送を受けて、8月20日にはパーソナリティを務めるラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、星野は改めてギャルが好きな理由を明かしていましたね」(前同)

 この日の放送では「なぜギャルに魅力を感じるのか」という話題になり、仕事やプライベートでギャルと接する機会が何回かあり、「そういう人と話すと、スゴいしっかりしてるっていうイメージがあった」と、改めて星野はギャルの魅力を語った。

「実は、川田アナも学生時代はかなりのギャルだったんですよ」

 そう話すのは、女子アナに詳しいフリーライター。フリーライターは続ける。

「現在はセントフォースに所属し、清楚な女子アナというイメージの川田アナですが、堺市内の進学校を卒業後、国立の和歌山大学に進学。大学入学とともに何かが弾けてしまったのか、ギャル化してしまったんです。髪は茶髪で毛先をロールさせた、いわゆる名古屋巻き。目元もしっかりとアイシャドーをして、肌もややガングロっぽい印象でしたね。

 また、局アナ時代に、元読売テレビの同僚である森武史アナ(59)と共演した際、以前はシャコタンの車に乗っていて、運転席の前に白い毛皮のファーを敷いていた、とバラされたこともあります。まあ、近い世代の加藤綾子(34)も学生時代はギャル風でしたから、時代と言えば時代ですが、川田アナに関しては、バリバリの元ギャルと言えそうです」(前出の女子アナに詳しいフリーライター)

 前出の芸能プロ関係者は話す。

「川田アナは元ギャルで、現在は落ち着いていて、運動神経の悪さを除けば、とてもしっかりとしている。もうこれ以上ないくらい星野源のタイプと言えますよね。現在、女性から絶大な人気を誇る星野ですが、“結婚したい”と公言している以上、川田アナが終着駅になるかもしれませんよ」

 川田アナ好き、そしてギャル好きを明らかにした星野源。もちろん川田アナの気持ち次第だが、これは、もしかしてもしかすると結婚までありうる!?

関連リンク

  • 8/24 7:01
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます