熊切あさ美と「あおり暴行男」のポーズが激似でネットは騒然!

拡大画像を見る

 タレントの熊切あさ美が8月21日、インスタグラムを更新。なにげないポーズの写真を投稿したが、なぜか一部のフォロワーが“イエローカード”を突きつけた。

 問題となったインスタグラムで熊切は「日向ぼっこ」と綴り、マンションかビル、あるいはホテルの高層階と思われる部屋の窓台(窓の下部のカウンター)に座っている画像をアップ。

 くつろいでいる様子に見えたが、一部のフォロワーは《確実に煽り運転の人リンクしちゃうから!》《あおり運転してた人も同じような写真載せてた》《ちょっと〜、その格好は今はダメだよ》などとダメ出し。

「“あおり運転の人”とは、もちろん常磐自動車道であおり運転をしたうえに相手を殴打して傷害容疑で逮捕された宮崎文夫容疑者のこと。その宮崎容疑者のものと思われるインスタグラムに、ホテルの高層階の窓台に座って格好をつける自身の写真が投稿されていました。よく見れば違うのですが、同じようなシチュエーションで似ているポーズを取っていることから、あまりにもタイムリー過ぎると一部のフォロワーが注意喚起したようです」(芸能記者)

 また、ポーズだけではなく、他の共通点をこじつける指摘もあるようだ。

「宮崎容疑者は会社名義でポルシェを所有しており、報道によれば、ポルシェでも危険な運転をしていたようです。じつは、熊切の元カレの片岡愛之助の愛車もポルシェ。片岡の2017年1月28日のブログで、ポルシェで横浜を訪れたことを報告しています。まったく関係のない話なんですが、今回の写真をきっかけに蒸し返されてしまったようです」(前出・芸能記者)

 インスタグラムを更新するときは、くれぐれも慎重に。

(石田英明)

関連リンク

  • 8/23 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます