「長瀬智也は限界」でも「TOKIOは解散しない!」の根拠

拡大画像を見る

 8月22日の『東京スポーツ』が、ジャニーズの人気グループ・TOKIOが解散秒読み段階にあると、一面で報じ、大きな波紋が広がっている。

 昨年4月、山口達也(47)が不祥事を起こしたことで、TOKIOとしての音楽活動ができなくなったことに、長瀬智也(40)が大きな不満を抱いているという。

 記事によると、山口がジャニーズ事務所を退所した際、長瀬は「代わりのベーシストを入れてまでTOKIOを続けるつもりはない」と言っていた。しかし、自身が最も大切にしてきた音楽活動ができない現状、また、恩人であるジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が亡くなったことで、踏ん張る理由を見失っているというのだ。

「長瀬のそのような状況から、『東スポ』も一面で『TOKIO解散秒読み』と打ったのでしょうが、TOKIOがすぐに解散することはないと思います」(芸能プロ関係者)

 TOKIOがすぐに解散しない根拠とは何だろうか? 前出の芸能プロ関係者が続ける。

「まず挙げられるのが、日本テレビの人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の存在です。山口が不祥事を起こした際にも“『鉄腕ダッシュ』がある限り、TOKIOの解散はない”と言われてきました。長瀬のモチベーションを懸念する声もありますが、『鉄腕ダッシュ』は視聴率も高く、子どもに見せたい番組としての評価も高いですから、日テレとしても絶対終わらせたくないでしょう。

 それに加えて、ジャニーズ事務所としては、来年いっぱいの嵐の活動休止後まで、他のジャニーズグループの解散は一切認めないという方針だといいます。そのため、TOKIOが解散するとしても2021年以降。それは、錦戸亮(34)の脱退がささやかれる関ジャニ∞も同様です」

■関ジャニには新規の番組の話も

 3月に『週刊文春』(文藝春秋)が報じてから、錦戸が関ジャニから脱退しジャニーズ事務所から退所するのではないか、という報道が絶えない。

「関ジャニの5大ドームツアー『十五祭』のファイナルとなる9月3日の東京ドーム公演を最後に、錦戸は関ジャニとしての活動を休止すると、業界関係者の間ではもっぱらです。しかし、それが当日にアナウンスされることはないでしょう。

 それは、翌日の4日にジャニー氏の『お別れ会』が同じ東京ドームで開催されるから。ジャニー氏のお別れ会がかすんでしまうような情報を出すわけにはいきませんからね。そのため、関ジャニのコンサート内での発表もないまま、錦戸は事実上の脱退となる公算が大きいです」(前同)

 関ジャニでは、昨年いっぱいで脱退した渋谷すばる(37)、そして錦戸がメインボーカルを務めていた。

「この2人が抜けるとなると、今後はグループとしてコンサートやCDをリリースすることは難しくなるでしょう。しかし、関ジャニが現在も抱えているレギュラー番組は継続することになるといわれています。それに、グループへの新規の仕事の依頼も多数来ているそうです。そのため、関ジャニも当分、解散や活動休止ということはない。ただ、関ジャニの番組に錦戸が出演することはなくなるでしょうね。

 TOKIO、関ジャニとも、グループでのコンサートやCDリリースがなくなり、アイドルグループとしては、“事実上の活動休止状態”ということにはなるかもしれません。ただ、テレビではしばらく彼らの活躍が見られるのではないでしょうか」(同)

 嵐は2020年いっぱいで活動休止、そして2021年以降、TOKIOと関ジャニ∞の解散が待っているのだろうか――?

関連リンク

  • 8/23 7:06
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます