「すみません…」に続く言葉に驚愕 エスカレーターで立ち止まっていると

拡大画像を見る

エスカレーターを利用する時に、片側を空けて乗る人が多くいます。

「先を急ぐ人が歩けるように」と空けているのでしょうが、本来エスカレーターは立ち止まって利用するもの。片側を空ける必要はありません。

一般社団法人『日本エレベーター協会』では、安全のために「歩行禁止」を呼びかけています。

しかし、エスカレーターを歩く人は、後を絶ちません。

声をかけてでも歩く人がいるなんて…

ある日、職場近くのエスカレーターを利用していた、Nakaji Kohki(@nkjzm)さん。

そこのエスカレーターは、片側を空ける行為を改善しようと警備員が常に張り付き、呼びかけを行っているのだといいます。

Nakajiさんも立ち止まり、片側を空けないようにしていたそうです。

すると、後ろから肩を叩かれ…。

すみません。通りたいんですけど。

声をかけてまで歩こうとする人に、驚きが隠せなかったNakajiさん。

このエピソードを読んで、ネット上にはさまざまなコメントが上がりました。

・歩くなら階段を使えばいいだけなのに。

・止まっていると押してくる人とか普通にいますよね。

・自分もそういう人に遭遇したことがあります。

・そもそも歩くことがダメだからなぁ。

「急いでいるから」「自分ぐらいは」と、エスカレーターを歩いてしまう人は少なくありません。

しかし、そのちょっとした油断が、大きな事故につながる可能性もあるのです。

決められたルールを守り、安全にエスカレーターを利用する…当たり前のことを、もう一度見直す必要がありますね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @nkjzm

関連リンク

  • 8/21 14:55
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

34
  • もふ

    8/25 11:08

    右側をダッシュで登ったり、左の人を押しのけてたりしたら危ないけど、お互い危なくならないように気をつければいいだけだと思うけどな。急ぎたい気持ちもわかるし、今更開ける必要はないとか主張しなくても。

  • 何処の何方か知らないが、エスカレーターから降りたおばちゃんよ! 立ち話をしないで、さっさと進んでくれよ!

  • 元々「エスカレーターの片側開け」はその危険さが知られて無かった頃の名残。「地震や大きな振動」でエスカレーターが緊急停止した時「上を歩いていた人がバランスを崩して転びその下にいた人々を将棋倒しで巻き込んで数十人の重軽傷者を出した」事故の多発から、「エスカレーターの上では立ち止まりベルトを持つ」と業界の方針が変わったもの。「エスカレーターの上を歩くと傷害罪となる危険があります」位は言っても良いかと。

記事の無断転載を禁じます