有名俳優が相次ぎ香港警察を支持表明 専門家「共産党の世論戦」

拡大画像を見る

香港で行われている大規模な抗議活動は、来年上映予定のディズニー映画「ムーラン」実写版に波及している。発端はムーランを演じる米国籍中国生まれの女優、劉亦菲(リウ・イーウェイ、31)が15日、ネット上で香港警察を支持すると投稿したことにある。香港警察が抗議活動を行った市民らに過剰な実力行使をしたと批判されているため、一部のネットユーザーは、リウが出演する「ムーラン」にボイコットするよう呼び掛けている。


米ラジオ・フリー・アジア(RFA)16日付によると、ツイッター上では「#ボイコットムーラン(#boycottmulan)」が人気検索ワードとなった。一部のユーザーは、米国籍を有するリウは「米国の自由を享受しながら、中国当局の全体主義専制を支持している」と非難した。また、「ムーラン」役を他の女優に代わってほしいとの声が上がった。


リウ・イーフェイのほか、香港出身の国際映画スターのジャッキー・チェン、レオン・カーフェイや中国出身の女優ヤン・ミー、俳優のホアン・シャオミン(黄暁明)、リー・ビンビン(李冰冰)などの有名芸能人が相次いで、香港政府と警察当局への支持を公表した。


米プリンストン大学中国学社執行主席の陳奎徳氏はRFAに対して、「中国当局は知名度ある芸能人を利用して、世論を誘導する狙いがある」との見方を示した。


中国民主化活動家の胡佳氏は、中国で活動する国内外出身の芸能人に同情を示した。「香港問題は、中国当局にとってレッドラインになっている。スターたちも、当局が主導した政治闘争の被害者で、恐怖を感じているだろう。リウ・イーフェイが共産党に忠誠心を示さなければ、今後国内での活動を封じ込められるに違いない」


「ムーラン」を製作した米ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは、同映画へのボイコット運動についてコメントを発表していない。


米シンクタンク、ヘリテージ財団アジア研究センター長のウォルター・ローマン氏は、中国当局が政治的影響力を駆使して外国企業の経済活動に干渉しようと、強い懸念を示した。


「香港問題についての立場を表明する前、企業と俳優らは自身にどのような影響をもたらすかを考えなければならなかった」


香港のキャセイパシフィック航空は16日、ルパート・ホッグ最高経営責任者(CEO)が19日付で辞任すると発表した。キャセイは多くの職員が香港の大規模デモに参加したとして、中国当局が安全上の重大なリスクがあると警告していた。中国の圧力を受けての辞任となった。


リウ・イーウェイは中国湖南省武漢市で生まれ、10才の時母親と共に米に移住した。2002年、外国籍学生として中国の映画界人材を育成する北京電影学院に入学した。それ以降、中国の映画・ドラマ界などで活躍している。


「ムーラン」は来年3月北米で上映する予定。日本公開は未定。


(翻訳編集・張哲)

  • 8/20 15:14
  • 大紀元

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます