【彼氏依存症⁉】一途と依存は紙一重!彼氏に依存している女子の特徴5つ

彼氏が出来ると、楽しいことが増えますが
その一方で徐々に生まれてくる「不安」も....

そんな不安から、
彼のことを考えてしまうことが増えたり
逢いたいからスケジュ―ルは常に彼に合わせる
....なんてことになっていませんか?

実は8割以上の女子が、彼に『依存している(かも)』と感じた事があると判明!

彼・パートナーとの関係についてのアンケート

【女性に質問】恋人に「依存してる」と感じた瞬間はありますか?

ある ... 82.1%
ない ... 17.9%

アンケートの結果は「ある」と答えた人は82.1%、「ない」と答えた人は17.9%でした! 8割以上の人が恋人に依存していると感じた瞬間があると答えました。

ここで、寄せられたコメントをもとに【恋人に依存している女子の特徴】を5つ紹介!

Check!

彼氏に『依存している』女子の特徴

1:彼がそばにいないと不安、寂しい
2:メールやLINEの連絡がつねに気になる
3:いつでも彼の予定が最優先
4:彼のことばかり考えてしまう
5:友達や家族とのすれ違いやケンカなどが多く、恋人といないときは孤立しやすい 

彼からの返信や連絡が少しでも途絶えると不安になる、いつも彼からの連絡を待ってしまうetc...、【常に彼のことが頭から離れなくなってしまう状態が続いてしまう】のは、依存の初期段階といえます。

スケジュールなども全て彼に合わせてしまうなど、生活の中心に彼の存在があることがわかります。例えば、友達との約束があるのに、急なデートを優先してドタキャンしてしまう、彼の予定に合わせるうちに家族と過ごす時間が減るなど、孤立しやすい状況に。
孤立することで、ますます気持ちが彼に向かってしまうので注意が必要!

Voice

『依存している』と感じる瞬間、ベスト3!

ここで、恋人に『依存している』と感じる瞬間トップ3を紹介しましょう。

1:離れられない、彼がいないとダメだと思うとき
2:辛いことがあって会いたくなるとき
3:連絡がこないか確認するとき 

1位【離れられない、彼がいないとダメだと思うとき】

一番多かったのは「離れられない、彼がいないとダメだと思うとき」で、「彼中心に考えてしまう。彼がいないとダメだと思い込んでいる」、「いつもそばにいたい!って思ってしまうとき」など、片時も離れたくない、そばにいないと不安になるというコメント。

2位【辛いことがあって会いたくなるとき】

次に多かったのが「辛いことがあって会いたくなるとき」で、とくに「仕事が辛いとき」というシチュエーションを挙げていた人がたくさんいました。

ただ、気になったのは「仕事で失敗したとき、辛いことがあると真っ先に頼ってしまう。どんどんエスカレートして私生活のグチが増えてしまい、頼りすぎるのもダメだと思った」という意見があるように、「心配事やグチを全部聞いてもらいたい」「悩みがあると頼りたくなる」と感じている女性は多いのですが、『自分のすべてを受け止めてほしい!』 という思いは、仕事で疲れた彼の負担になることがあります。

3位【連絡がこないか確認するとき】 

そして、3番目は「連絡がこないか確認するとき」。「相手の連絡を待って自分の予定はほとんど断ってしまう」「LINEの連絡がないか、頻繁に確認してしまうとき」など、連絡がないことが不安になってしまう人が多いのですが、それで相手を責めてしまうと、二人の間にイヤな空気が流れることもありそう。

Point

『一途』と『依存』の境界線って?

色々、伝えてきましたが....安心してください。自分で『恋人に依存している瞬間がある』『もしかしたら、依存しているかも』と自覚しているうちは歯止めが利いている証拠! それだけ真剣に相手のことを想い、2人の関係を大事にしているのです♡

一途に愛せる相手と出会えたのは幸せなことで、想いが強いほど関係を壊したくないはず。『彼だけが居てくれればいい』という気持ちにさえ、なるかもしれません。
でも、その1人だけに、生活全てを支えてもらいたい、自分の人生を全て受け止めてほしい...となると、一途な想いというよりも相手にしがみつく形になり、お互いに前に進めなくなってしまいます!

「甘えられる相手が恋人しかいない」
「待っているだけだから、彼の周りの全てに嫉妬している」
なんて...当然ながら常に苦しいし、相手にも要求するものが大きくなってしまいます。

一緒に過ごせない時間があったら、ストレスを発散できる趣味を見つけてスッキリした後で彼に会うとか、仕事や恋愛の話ができる友達との時間をもつなど、恋人だけに全てを集中させないほうが関係が長続きします♡


大切な存在だからこそ、一気に盛り上がりすぎて燃え尽きないように...。
自分の全てを恋人に預けるのではなく、愛情を伝えつつ自分の時間や友達、家族との関係も大切にしておくこと。何でも彼任せか・自分の意思でも行動できるかそこが、『依存』と『一途』の境界線だといえるでしょう!

【取材協力/ラブリサーチ】

ラブ♡リサーチ

関連リンク

  • 8/19 21:30
  • Ray

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます