「ヤバすぎる!」ソニンの“毒母”っぷりに驚きの声

拡大画像を見る

 およそ7年ぶりにドラマ出演したソニンが大きな反響を呼んでいる。

 8月11日放送の「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)にゲスト出演したソニンは、親から虐待を受けていたことから、自分もまた息子を虐待する母親・一ノ瀬奈央を怪演。画面から飛び出して来るかのような鬼気迫る演技に、放送中からネット上では「ソニン、ホラー映画より怖い」「顔がマジヤバい」「これがカレーライスの女を歌っていたソニンとは思えない」など、驚きの声が相次いだ。

「奈央は、思い通りにならない息子を包丁で刺し、その息子が洗濯機の中に隠れて真木よう子演じる緊急指令室室長・橘ひかりに電話をかけて助けを求めるというストーリーでした。血が付着した包丁を持って息子を探す奈央の表情はまさに狂気で、ネット上にも『ソニンってこんな顔ができるんだ』という声が数多く書き込まれました。2017年3月13日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)では、“知らぬ間に指示待ち人間になって人生見失っちゃったソニン先生”として登場して話題になりましたが、今回の怪演ぶりは、その時以上の反響と言えるのでは」(女性誌記者)

 2018年1月に福山雅治や星野源らが所属する「アミューズ」に移籍したソニン。女優としての仕事がますます増えそうだ。

関連リンク

  • 8/19 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 本当はゴマキの弟のことを刺したいだろうなぁ…(笑)

  • まる☆

    8/20 12:29

    良い意味であの国の人は情熱家だから演技にも出ているのだと思う。ミュージカルでも小柄だけど迫真の演技してる。特に好きではないけど一生懸命さは観る度伝わってくる

記事の無断転載を禁じます