24時間テレビ駅伝、春菜&よしこは10km短縮 熱中症リスクなど考慮

拡大画像を見る

今年の日本テレビ系大型特番『24時間テレビ42』(8月24~25日放送)で行われる「24時間駅伝」について、ランナーの走行距離の変更などが、18日に放送された同局系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜19:58~)で発表された。

現在ランナーとして発表されている、いとうあさこ、近藤春菜(ハリセンボン)、よしこ(ガンバレルーヤ)は、ここまで1人1人がフルマラソンを目標に練習してきたが、この猛暑の中、熱中症やケガのリスクなど、さまざまな安全面を考え、それぞれが走る距離を調整することに決定。

いとうはフルマラソンの42.195kmのままだが、近藤とよしこは32.195kmに10km短縮。今後発表される4人目のランナーは42.195kmのフルマラソンに挑み、総走行距離は148.78kmとなる。

その4人目のランナーは、24日の放送当日の駅伝スタート時に発表されることも決定した。

関連リンク

  • 8/19 5:00
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 武道館にルームランナー置いて24時間走らせるのはどうか? 天候も関係なければ体調管理もしやすいしトイレにもすぐ行けるしね。

記事の無断転載を禁じます