キンプリ謝罪に異臭&激怒…新幹線「芸能人が泣いた」事件簿

拡大画像を見る

 お盆の帰省ラッシュもピークを迎え、新幹線の混雑状況がニュースで毎日のように取りざたされている。そんな新幹線では近頃、芸能人がトラブルに遭遇するケースも少なくない。

 昨年8月10日から始まった、King&Prince(キンプリ)初のアリーナツアーは、9月22日に最終公演を終え、大盛況のうちに終了した。

 ところが、最終公演終了後にトラブルが勃発。

 コンサート終了後、6人のキンプリメンバーは新幹線に乗るため移動し、仙台駅発のグリーン車に搭乗。しかし、出待ちのファンが新幹線のホームに殺到したため現場はパニックになり、出発が7分ほど遅延するという事態に。

 キンプリメンバーは、駅員が車両を回ってきた際に、直接謝罪をしたという。

「ファンはホームを占拠し、群れをなして車内を覗きこんでいました。関係ない一般の乗客への影響は多大。でも被害者であるキンプリメンバーが謝罪するのは、なんとも可哀相でしたね」(女性誌記者)

 昨年の騒動の影響だろう、キンプリは2度目となる今年のコンサートツアーの7月26〜28日に開催された名古屋公演からの移動はバスだったという。

ジャニーズのグループでは、Hey!Say!JUMPも新幹線でのトラブルに見舞われている。

 昨年10月、新潟県新潟市でコンサートを行ったメンバーは新幹線で東京駅に到着。メンバーの姿を目にした一部のファンがホームを暴走し、メンバーに群がったという。駅員が注意をするも、騒ぎは収まらず、新幹線が2分遅延してしまった。

 一部のファンの迷惑行為が積み重なったこともあり、Hey!Say!JUMPは2007年の結成以来続けてきたアリーナツアーの開催を、今年は見送ることを発表している。

 お笑いコンビ・NON STYLEの石田明(39)も、7月30日に自身のツイッターで、新幹線車内での迷惑行為に苦言をし、話題を呼んだ。

 石田は、「新幹線。すげー不愉快。みんなマナーは守ろうね」のコメントとともに写真を投稿。写真には、窓際の席に座る石田と窓下の隙間から伸びる、後部座席の乗客の足が写っていた。

 この投稿には7万5000のリツイート、29万6000の「いいね」がつき、芸能界にも波紋を広げている。

 石田の投稿を受け、8月2日放送のTBSラジオ『おぎはやぎのメガネびいき』に出演した、おぎやはぎの矢作兼(47)は、自身も過去に、同様の被害にあったことがあると告白、矢作は「俺の場合、臭かったんだけど、その時まだタバコ吸っていた時期でライター持っていたから、何度燃やそうと思ったか」と語った。さらに、「これできるヤツって反社だなって思った」と、持論を語った。

 お笑い芸人のキンタロー。(37)も石田のツイートをリプライし、「それ私も正に二日前にくらいました めちゃくちゃ臭かったです 同じ靴下の色です」とツイート。これに石田も「常習犯かな。つらいわー」と返信し、さらにキンタロー。が「腹立ちますよねマナー悪すぎる。自分の事しか考えてない 私は車掌さんに言って席を変えました 臭くて耐えられず」と、車掌に申し出て、席を変えてもらったと明かした。

■カンニング竹山の正論対応&さんまの“別格”対応

 新幹線のマナーについては、小籔千豊(45)もどうしたら分からないというツイートを過去にしている。

 2017年3月、小籔は新幹線でシートを倒したところ、後部座席の人に怒られたことを明かし、ツイッターに「怖くてどこまで倒してよいかわからないよ」と投稿。その後のツイートでも、「怒る角度はどこかは人それぞれすぎてわからんよ JRはどう思ってるんやろ」と、JRに座席を倒していい角度を決めてほしいと懇願した。

 芸能人にとっては悩ましい新幹線トラブル。カンニング竹山(48)は、新幹線車内での写真撮影について、こう持論を展開している。

 5月5日放送の『カンニング竹山の土曜 The NIGHT』(AbemaTV)のオープニングトークで、新幹線車内にて「竹山さんですか? 写真撮ってもらえませんか?」と言われた際に、「嫌です!」ときっぱりと断り「ここはグリーン車だから駄目。他のお客様もいらっしゃるから」と説明すると明かした。

 これに納得する人もいるが、中には「1枚だけでもダメなの?」とキレ気味につっかかる人もいるという。こういった態度に竹山は、「“ダメなの?”じゃない、ダメなんだよ!」「車内とか駅とか、基本的に写真撮っちゃ駄目なんだよ。ロケする時も許可がいるわけ。あと他のお客さんも静かさや安らぎを求めてお金を払ってグリーン車に乗っているのに」と正論を語り、多くの賛同を得た。

 そんな中、闇営業問題の宮迫博之(47)を引き取ると宣言するなど、注目を集める“お笑いモンスター”明石家さんま(64)だけは別のようだ。2016年に放送された『超踊る!さんま御殿!!恋のから騒ぎ大復活!新春4時間初笑いSP』で坂上忍(52)が明かしている。

 坂上は東京に向かう新幹線でファンに囲まれているさんまを目撃。「さんまさんのところにみんなサイン。こんなサインあるの。それ全部書くの」と、手で大量のサインを表現しながら説明。「本当に書かれる人なんだなと思った」と語った。

 さらに、坂上は「京都か名古屋で赤ちゃん連れの家族が来られたら、今度は赤ちゃんを抱っこするんだよ!」と続け、「あれ見た時に、ここ何年かで一番反省した」と話した。

 坂上のトークを受けさんまは、「30代の時とかは逃げたり隠れもしたけど、できる限り写真撮ろう、サインしようって」と話し、さらに、「追っかけて逃げるからおっかけ心理が働く」とファンの心理についても考察した。

 新幹線移動が多い芸能人たちだけに、さまざまなエピソードも多い。対応もそれぞれだが、迷惑だけはかけないようにしたいものだ。

関連リンク

  • 8/18 9:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます