「当日、金魚にエサをあげないで」 理由に「なるほど」「分かりやすい」

拡大画像を見る

夏はあちこちで祭りが行われる時期。屋台で金魚すくいを楽しむ人もいることでしょう。

魚が大好きなフリーアナウンサー・川田一輝(kawayanfishing)さんは、Instagramで『金魚すくいで取ってきた金魚を長生きさせるコツ』を公開。

「知らなかった」「何も考えずに水槽に移し替えていた」という声が続出しています。

祭りから連れ帰った金魚を大切に!

川田さんは「金魚を弱らせないために、さまざまな工夫をする必要がある」と投稿。

金魚を持ち帰る時から、できる工夫があるそうです。

金魚を袋に入れる前に

お店の人が金魚を袋に入れる前に、水の入った袋をパシャパシャと振ってください。

酸素が水に溶け込んで、金魚の息が長持ちに!

※水をこぼさないように注意。

金魚を水槽に入れる前に

水槽の水は、水道水のままではNG!
塩(できればあら塩)1つまみと、カルキ抜きをまぜた水を用意してください。

【塩を入れる場合】
塩は1ℓに対して5g。
『塩浴』という金魚が楽な状態になり、体力を回復しやすくなったり、病気になっていても治りが早くなったりします。

【カルキ抜きがない場合】
ビタミンC入りのノド飴を5秒くらい水の中で溶かせばOK。
ビタミンCがカルキを取り除いてくれます。

エサを入れてしまう前に

エサはストップ。次の日以降に!

金魚を連れて帰った日は、エサやりはがまんしましょう。

しばらくはそっとしておいて、次の日に少しだけあげてください。

投稿には、「勉強になりました」「今度試してみたいです」などのコメントが寄せられています。

金魚を連れ帰ることがあったら、『大切な家族の一員』として育てていきたいですね。

同内容の動画もあるので、ぜひご覧ください。

[文・構成/grape編集部]

出典 kawayanfishing【金魚すくい♪】〇〇をするだけで金魚の生存率80%アップ!? 夏祭りの金魚が長生きする方法

関連リンク

  • 8/17 15:12
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    8/18 6:07

    カルキ抜きとか無ければ1日か一晩水槽に水を入れて置いとけばカルキは抜けるそして金魚は水槽の大きさに比例してデカくなるから小さめな金魚鉢に入れとくほうが良い自分の金魚鯉の一回り小さいくらい大きくなったからねあとあとからの金魚は食べられるから水槽は分けたほうが良いかも。

記事の無断転載を禁じます