「昔はよく見た」「私もダマされた」 カラフルなヒヨコを買った結果?

拡大画像を見る

祭りの屋台で売られる商品は、時代の流行によって変わっていきます。

現在では動物愛護の観点からなくなりましたが、かつては人工的に着色したヒヨコ『カラーヒヨコ』が販売されていた時期もありました。

漫画の原作などを手がける泉福朗(@okaeri_eripiyo)さんが幼かったころは、まだ『カラーヒヨコ』が販売されていた時代。

当時、祭りに行った泉さんはカラフルなヒヨコの姿に心を奪われて…。

『ピンクのひよこ』

屋台の男性にダマされ、着色されたヒヨコを買った泉さん。「カラフルな卵を産むニワトリには成長しない」と分かっても、変わらず愛情を注ぎ続けました。

しかし、鳴き声を気にした母親が無断で遠縁の人にニワトリを譲り渡してしまいます。

食べられてしまうことを恐れていたのですが、適した環境で伸び伸びと暮らしているニワトリの姿を見て、泉さんは納得したのでした。

漫画には、「突然いなくなったらショックですよね。ハッピーエンドでよかった!」「人間もヒヨコもかわいそうな話じゃなくて安心」などのコメントが寄せられています。

みんな丸く収まる、幸せな展開にホッとしますね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @okaeri_eripiyo

関連リンク

  • 8/15 15:43
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • あきひろ

    8/19 22:03

    優しい子ですね。

  • マサト

    8/19 20:41

    話には聞くけどカラーひよこを見たことがないなぁ………

  • トリトン

    8/19 17:56

    自分の時はカラーひよこは無かったからな、でも大事に育てたひよこは親戚の知り合いが面倒みると言い泣く泣く預けたらその日のうちに鍋の具材になったなその人が茶色の犬を飼いたいと声をかけたけど猛反対したな食べられることはもう知っていたからね。赤犬は薬になるとかってね。

記事の無断転載を禁じます