【MLB】大谷翔平、状態上向き28度目マルチ、一問一答 「厳しいコースを打ちに行く必要ない」

拡大画像を見る

エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地パイレーツ戦に「3番・DH」で6試合連続でスタメン出場。3打数2安打の活躍で今季28度目のマルチ安打を記録し打率は.294。第1打席で右前打、第4打席では打球速度110マイル(約177キロ)を放った。大谷の試合後、一問一答は以下の通り。

今季28度目のマルチをマーク、あとは打球角度? 「上がれば長打の確立が増えるのはその通り」

■エンゼルス 7-4 パイレーツ(日本時間15日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地パイレーツ戦に「3番・DH」で6試合連続でスタメン出場。3打数2安打の活躍で今季28度目のマルチ安打を記録し打率は.294。第1打席で右前打、第4打席では打球速度110マイル(約177キロ)を放った。大谷の試合後、一問一答は以下の通り。

――2戦連続、28度目のマルチ安打をマーク

「打つべきボールを打ててるのはいいんじゃないかと。正面にいけばアウトですが、間抜けてくれれば最後の打席みたいにそれはそれでいいじゃないかと」

――8回先頭の第4打席では中前打で追加点をアシスト

「甘い球をしっかり振ろうかと思って。真っすぐ早い投手なので甘い球をしっかり打たないと厳しいかなという感じがするのでヒットになってよかった」

「無理に厳しいコースを打ちに行く必要ないのかなと思っている。しっかり四球を取れるところは取りたい。そういう点では三振に倒れた打席はしっかり四球が取れる打席だったのかなと思う」

――2安打とも強烈な打球速をマークした、あとは角度がつけば…

「どの打席も(打球が)上がれば長打の確立が増えるのはその通りじゃないかと。何がいいのかっていうのは自分の感覚次第ではあると思いますが、もちろん、(打球が)上に上がってくれればホームランになる確率高くなるのは間違いないと思う」(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

関連リンク

  • 8/15 13:20
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます