松本FW榎本樹、育成型期限付き移籍で群馬に加入「しっかり活躍して…」

拡大画像を見る

 ザスパクサツ群馬は15日、松本山雅FCからFW榎本樹を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日までとなる。

 榎本は2000年生まれの19歳。前橋育英高校出身で、2年次には全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会出場でベスト4進出に貢献し、得点王に輝いた。また第96回全国高校サッカー選手権大会では優勝に貢献した。2019年に松本へ加入すると、今シーズンはここまで2019JリーグYBCルヴァンカップで4試合に出場していた。

 育成型期限付き移籍にあたり、榎本は松本に対して以下のようにコメントしている。

「プロになってからの8カ月間に松本山雅で学んだことを活かして、しっかり活躍して帰ってきます。引き続き応援をよろしくお願いいたします」

 そして加入する群馬には以下のようにメッセージを寄せている。

「高校生活で3年間お世話になった群馬で、自分の力を発揮したいと思います。サポーターの皆さん応援よろしくお願いします」

関連リンク

  • 8/15 12:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます