天才小中学生と名人・特待生が実力対決!『プレバト』夏井いつき先生も驚くハイレベルな俳句が続出

拡大画像を見る

ダウンタウンの浜田雅功がMCを務める、芸能人の隠れた才能を専門家が査定しランキング形式で発表する知的エンターテインメントバラエティ『プレバト!!』(MBS/TBS系、毎週木曜19:00~)。8月15日は、俳句「全国小中学生vs名人・特待生 夏の他流試合スペシャル」と題し、番組初となる小中学生との対決が繰り広げられる。

対戦は、夏井いつき先生が全国から選りすぐった天才小中学生と名人・特待生による5対5の団体戦だ。番組側からは、FUJIWARA藤本敏史(10段)、Kis-My-Ft2千賀健永(1級)、千原ジュニア(1級)、立川志らく(1級)、皆藤愛子(5級)が参戦。昨年の俳句甲子園で全国ナンバーワン高校生に勝利した藤本は「絶対勝てますよ! 何歳差だと思ってるんですか」と小中学生を挑発。志らく、千原、皆藤も「負けるわけがない」と口をそろえ、千賀は「知ってる言葉の数が違う」と豪語し自信を見せる。しかし、彼らの基礎力や感性を評価する夏井先生は「舐めてたら痛い目に合いますよ!」とプレバトチームの言葉をバッサリ。

一方、小中学生たちは大人と一緒の俳句大会やコンテストに参加し数々の賞を受賞している実力者たち。名古屋市から参戦した小学6年生は「(名人・特待生よりも)俳句歴が長いから、負ける気がしません」と一歩も引かない姿勢だ。

お題は、様々な電車が青空の下を走る写真で「夏空と電車」。審査員は、夏井いつき先生が「雲の上の上の先生」という日本を代表する3人の俳人が務め、普段よりもさらに厳しい査定が行われる。小中学生の作品に、夏井先生も「これが子供(の俳句)だったことに、ただただ驚きです」とコメントするハイレベルな戦いが繰り広げられる今回の対戦、プレバトチームのプライドはズタボロになってしまうのか!?

関連リンク

  • 8/15 12:10
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます