ロケバス運転手、いとうあさこに告白した過去

拡大画像を見る

8月12日に放送されたニュース番組「AbemaPrime」(AbemaTV)に、女優でモデルの新川優愛(25歳)の“ロケバス婚”で注目を集めるロケバス業界から、運転手・林啓大さんが出演。タレントのいとうあさこに告白した過去を語った。

番組はこの日、先日一般男性との結婚を明かした新川のお相手が“ロケバスの運転手”だったことから、にわかに注目が集まっている“ロケバスの運転手”を直撃。株式会社ろけバス東京で働く運転手・林さんが生出演した。

林さんは新川の結婚について「個人的にもビックリしています。演者さんとドライバーがこういうことになるとは想像もしていなかったので」と驚きつつも、「ロケバス業界が賑わって欲しいが、不純な動機で来てもらっては困りますね。僕ら安全運転が大事なので」と語った。

さらに、林さんは以前番組の企画で、想いを寄せていたいとうあさこに告白した過去を明かし、スタジオを驚かせることに。当時、林さんが仕事の都合で名古屋に住んでいたことを理由に、いとうから「遠距離恋愛は怖い」と断られたという。一度、フラれた上で、林さんは「またロケバスで再会できたら声をかけたい。まだ待ってますのでよろしくお願いいたします」と、いとうにラブコールを送った。

これに対し、番組ゲストとして登場した、いとうとも親交のある野沢直子は「林さんスケジュール教えてくださいね!本当つなげますから」と語りかけるなど、“恋のキューピッド”への意欲を燃やした。
  • 8/15 11:50
  • Narinari.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます