マツコの共演NGなんてへっちゃら? 新しいビジネスでがっぽり稼ぐ「新しい地図」の3人

拡大画像を見る

 元SMAPの稲垣吾郎が演出するレストラン「BISTRO J_O(ビストロ ジョー)」と、カフェ「J_O CAFE(ジョー カフェ)」が、10月4日に東京・銀座にオープンすることを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると同店は、昨年に香取慎吾が立ち上げたブランド「JANTJE_ONTEMBAAR(ヤンチェ・オンテンバール)」のフレンドショップという位置づけで、「J_O」の名が付いたとか。

 SMAPの冠番組だった「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の人気コーナー「BISTRO SMAP」を原点として、そこで磨いた美的感覚や食、ワインなどへのこだわりが詰まった店になるそうで、店のテーマは「HITO-RI-EAT(ヒトリート)」。

 “1人”と“イート”、“ストリート”をもとにした造語で、「銀座の目抜き通りで1人でも楽しめる」をコンセプトにしているという。

「店を訪れる客層はSMAP時代からのファンが中心になりそうだが、ある程度、金銭的に余裕がある40代以上の女性が中心なので、客単価を高めに設定しても連日行列ができそうですね」(テレビ局関係者)

 また、店内に香取のアート作品を展示したり、カフェ好きの草なぎ剛が店舗づくりのアドバイスをするなど、稲垣とともにジャニーズから独立した元SMAPのメンバー2人も店をサポートするというのだ。

「3人の公式サイトの名称は『新しい地図』でしたが、3人の事務所の社長・飯島三智氏が、Abema TVへの出演やSNSの活用など、ジャニーズ時代には仕掛けなかった『新しいビジネス』をどんどん仕掛けている。そのため、地上波のレギュラーがなくても、ジャニーズ時代より3人の年収がアップしたのでは、と言われるほど。マツコ・デラックスに共演NGを出されたという報道がありましたが、そんな圧力などへっちゃらでしょうね」(芸能記者)

 今後もジャニーズにいたらできなかったようなビジネスで稼げるだけ稼ぎそうだ。

  • 8/15 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます