101回目の熱闘甲子園「金の卵リスト」令和の“超高校級”逸材が集結!

拡大画像を見る

 プロのスカウトが首ったけになる、高校球児たちをリストアップ。球界の未来を背負う選手はここにいる!

 令和になって初となる全国高校野球選手権大会。全国から勝ち上がった49校が、深紅の優勝旗を目指して熱戦を繰り広げ、今年は特に面白い大会になりそうだ。「今夏は地方大会で番狂わせが続出。センバツで優勝した東邦をはじめ、強豪校がことごとく敗退しています。裏を返せば、今大会はまさに群雄割拠。どこが勝つか、分かりませんよ」(スポーツ紙記者)

 大会が盛り上がるのは大歓迎だが、各地で涙を飲んだ選手の中には、プロ注目の逸材たちも少なくない。「“四天王”と呼ばれた大物のうちの3人――MAX163キロの速球を誇る大船渡の佐々木朗希、創志学園の西純矢、横浜の及川雅貴がそろって敗退。今秋のドラフトの目玉になる投手を、甲子園で見られないのは残念ですね」(前同)

 しかし、悲観することはない。出場校には、まだまだ注目すべき“金の卵”たちがゴロゴロしているのだ。その筆頭は、“四天王”の中で唯一、勝ち上がった星稜(石川)の絶対的エース・奥川恭伸だ。「MAX158キロをマークした本格派右腕で、1年からエースとして君臨。今春のセンバツで、強打の履正社を相手に見せた毎回17奪三振、3安打完封という圧巻のピッチングも、記憶に新しいですね」(スポーツ紙デスク)

 高校野球に詳しい野球専門誌『野球太郎』の持木秀仁編集長は、奥川の能力をこう分析する。「高校生としては、ほぼ完成された投手。ストレートが速いのはもちろん、制球力も球威も申し分ない。プロに入っても、2軍どころか即1軍で投げられるレベルですね」

 奥川は、2年の春から4季連続で甲子園に出場。“勝てる投手”であることもポイントだ。「県大会では24イニングを投げ、40もの三振を奪った一方、四球はたった3個。安定感は抜群です。プロのスカウトの中では“怪物・佐々木より奥川のほうが上”なんて声も、よく聞きます」(プロ球団関係者)

■“四天王”星稜の奥川恭伸以外にもスター候補が!

 そんな奥川と同様、スカウト陣から熱視線を送られているのが、霞ヶ浦(茨城)の右腕、鈴木寛人だ。「長身から投げ下ろす、角度のあるストレートは最速148キロ。加えて130キロ台の高速スライダーも切れ味抜群で、“魔球”とまでいわれるほど。関東勢では、間違いなくトップクラス」(高校野球関係者)

 鈴木がここまでの投手になったのは、家族の存在が大きいようだ。「鈴木の母親は、元ソフトボールの選手。中学までは、2人でキャッチボールをしていたそうです。また、育ち盛りの息子のために毎日、特大の弁当を用意。これで体が10キロも大きくなったのだとか」(別のスポーツ紙記者)

 まさに、母子の二人三脚で開花させた才能と言えるだろう。

 超高校級という観点で見れば、東海大相模(神奈川)の遠藤成も、ズバ抜けた才能の持ち主だろう。最速145キロのストレートを武器とする投手で、高校通算で45本塁打を放っているスラッガーでもある。つまり“二刀流”選手なのだ。「県大会の決勝戦では、バックスクリーンに叩き込む特大アーチを打っている。長打力はピカイチ」(球界関係者)

 ただ、今回の予選では、遊撃手として出場する機会が多かった。「投打ともに才能のある遠藤ですが、投手か野手か、今回の甲子園が将来を決める試金石になるかもしれません」(前出の持木編集長)

 有望投手は、まだまだいる。まずは習志野(千葉)の飯塚脩人。「最速150キロのストレートもありますが、球のキレで勝負する、玄人好みするピッチャーですね」(ベテラン記者)

 センバツでは、エースながら“クローザー”として大活躍し、チームの準優勝に貢献した。「夏の県大会では、先発として登板。準々決勝、準決勝と完投し、結果を出しました」(前同)

■仙台育英の秘蔵っ子にも注目

 西に目を移せば、津田学園(三重)の前佑囲斗も見逃せない。MAX148キロの速球、キレのある変化球で相手打線を抑え込み、県大会での失点はたったの4。春夏連続の甲子園出場を決めた。「奥川らに比べれば地味ですが、センバツでの投球は見るものがあった」(持木編集長)

 前橋育英(群馬)の梶塚彪雅も、派手さはないが才能にあふれる選手だ。「最速139キロながら、低めのコントロールが素晴らしく、長打を打たせない。ゲームを作れる投手です」(高校野球関係者)

 高校生離れした安定感を持つ梶塚だが、県大会での投球には面白い特徴が見られた。「5試合に投げて無四球と、抜群の制球力の持ち主なんですが、一方で5個の死球を与えている。打者のふところを攻める、強気のピッチングをしていることが分かります」(前同)

 今大会、注目すべきは3年生投手だけではない。入学間もない1年生ながら甲子園のマウンドに立つ、期待の逸材が2人いるのだ。しかも、彼らが同じ高校だというから驚きだ。「仙台育英(宮城)の伊藤樹と笹倉世凪は、中学時代に軟式でそれぞれ144キロ、147キロをマークした剛腕コンビ。入学後、すぐにレギュラークラスとして活躍しています」(地元関係者)

 右腕の伊藤と、左腕の笹倉。持木編集長も、「1年生とは思えない」と2人の才能に舌を巻く。「伊藤と笹倉は、中学時代に全国大会で準優勝したチームメイト。実は、このとき指揮を執っていたのが現在、仙台育英を率いる須江監督なんです。まさに、2人は“秘蔵っ子”と言える存在ですね」(持木編集長)

 監督と固い信頼関係で結ばれている2人だけに、将来的な成長も楽しみだ。

 将来性なら、明石商(兵庫)の2年生右腕、中森俊介も面白い存在だ。「最速149キロは大きな魅力。今大会の活躍が、今後の評価を大きく左右するはず」(前出の関係者)

■バッターでは履正社の井上広大らがプロ垂涎

 さて、今年の夏は投手の有望選手が多いが、もちろん野手にも「金の卵」はいる。中でも、野手最大の注目株といえば、激戦区・大阪を制した履正社の井上広大だろう。「名門・履正社で1年夏からベンチ入り。187センチ・95キロと高校生とは思えないボディで、ここまで通算47本塁打を打っている、右のスラッガーです」(在阪スポーツ紙記者)

 県大会では、3試合連続弾も放っており、その長打力は、まさにプロ垂涎だ。「春のセンバツでは、星稜・奥川に完璧に抑えられた。その屈辱をバネに、さらに成長しましたね。まだまだ伸びしろはあると思いますよ」(スカウト関係者)

■桑田真澄や清原和博に肩を並べる大記録

 1年生から活躍していたという点では、そんな井上をもしのぐのが、智弁和歌山の黒川史陽、東妻純平、西川晋太郎の3選手。「黒川、東妻、西川は、今大会で1年の夏から5季連続の甲子園出場となります。これは桑田真澄や清原和博(PL学園)、荒木大輔(早実)ら、過去に9人しか達成していない大記録。智弁トリオは、彼らにも負けない逸材ということでしょう」(スポーツライター)

 特に、キャプテンを務める黒川は、スカウトの注目を集める存在でもある。「俊足巧打の1番打者ながら、高校通算34本塁打というパンチ力も持っている。同点打、逆転打も多く、ここぞというときにヒットが打てる勝負強さは魅力的です」(プロ球団関係者)

 巧打と言えば、花咲徳栄(埼玉)の遊撃手・韮澤雄也の評価も高い。「広角に打てるバットコントールが最大の持ち味。春にはU-18代表合宿にも参加していますが、すでに1年生のときから注目されていた選手です」(前同)

 走攻守そろった韮澤は、今秋のドラフト候補の一人。花咲徳栄は過去4年連続でプロ選手を輩出しており、それに続くかも注目される。「花咲徳栄からプロ入りした歴代選手と比較しても、打撃はいい。一方で守備の面には、やや物足りなさも感じますね」(持木編集長)

 激戦が予想される夏の甲子園。金の卵たちがどんなプレーを見せてくれるのか。あるいは思いもよらぬニュースターが誕生するのか。目が離せない――。

関連リンク

  • 8/15 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます