嵐・相葉雅紀が“嵐かるた”で大はしゃぎ、アンジャ児嶋の暴露に赤面

拡大画像を見る

 アンジャッシュの児嶋一哉(47)が、嵐の相葉雅紀(36)とのプライベートのエピソードを披露し、ファンを感激させたようだ。

 この発言があったのは、8月8日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)でのこと。児嶋はアニメ映画『ONE PIECE STAMPEDE』で声優を務めたタレントと、熱烈なONE PIECEファンのタレントの混合チームの一員(児嶋は後者)として登場した。

 最初のゲーム、ウォールヒッターに嵐チームが挑戦するとき、嵐の驚きエピソードが話題に。すると進行役の中村光宏アナウンサー(34)が、児嶋はプライベートのつきあいがある相葉について驚きのエピソードを持っていると紹介した。

 児嶋によると、それは夫婦で相葉の自宅に遊びに行ったときのことで、ごはんを食べた後に相葉が「かるたやろうよ」と提案したという。児嶋は「は? かるた?」と驚いたのだが、そのかるたは嵐のコンサートグッズとして販売していた、“嵐かるた”だったと明かした。

 そして、相葉が“嵐かるた”の読み札を「あ、A・RA・SHI A・RA・SHI for dream」などと読み上げ、児嶋夫婦は嵐のメンバーの写真が載っている絵札を取り合うことに。さらに、そのかるたの写真を相葉が「これはデビュー当時のニノ」「これ、最近の松潤」と説明していたと暴露すると、相葉は「言わなくていいんだよ!」と、照れながらツッコんだ。

 続けて、児嶋は「うれしそうにやるんだよ、考えられなくない?」と言うと、嵐のメンバーに「めちゃくちゃ好きなんだよ、みんなのこと」とアピール。すると、櫻井翔(37)が笑いながら「俺も正月、親戚とやった、そのかるた」と明かし、二宮和也(36)は「せっかく作ったんだからね」と大きくうなずいていた。

 これを見ていた嵐ファンは、ツイッター上で「なんかウルウルして泣ける。あーほんとにいいグループだなぁ!」「キラキラした目でうれしそうに大好きなメンバーの写真の説明をする相葉くんを想像したら、もう愛おしすぎてたまんない」などと、歓喜の声を相次いで寄せていた。

関連リンク

  • 8/15 8:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます