CHEMISTRY新曲、遠藤憲一がMV出演「面白い出会いだと思った」

拡大画像を見る

2017年にグループとしての活動を再開したCHEMISTRY。

その後も精力的に活動し、音楽番組に出演するたびにSNSでトレンド上位をマークするなど、話題にことかかない二人が、ついに再始動第一弾アルバム『CHEMISTRY』を9/25(水)にリリース。アルバムのリードシングルとして、両A面の『Angel / Still Walking』を8/21(水)に発売する。

そのシングルの表題曲『Angel』のミュージックビデオが本日公開された。

同曲が、8/3(土)より放送中の東海テレビ・フジテレビ系全国ネット オトナの土ドラ「それぞれの断崖」主題歌ということから、今回、ドラマで主演をつとめる遠藤憲一の出演が実現した。

7月中旬に、都内の地下駐車場にてロケに臨んだ今回のミュージックビデオ。数多くのミュージックビデオ、特にHIP HOPを中心に幅広く活動中の映像作家tatsuakiがディレクターをつとめ、エモーショナルでドラマチックな映像作品に仕上がっている。

「CHEMISTRYの二人のことはオーディション時代からテレビで見ていたので、主題歌になると聞いて、さらにMV出演のオファーももらって、面白い出会いだと思った」という遠藤は、撮影の感想を訊かれ「厳密にストーリーやセリフがあったわけではなく、とにかく男と女がいて『こういう感覚です』と言われて、勝手に自分の中で色々なシチュエーションを考えられて面白かった。台本があって克明に作っていくドラマの楽しさとは違い、直感でやるのは新鮮で好き」と語った。


関連リンク

  • 8/15 8:04
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます