専業主婦の4割「うしろめたさ感じる」 理由1位は「自分がお金を稼いでいない」

拡大画像を見る

カラダノートは8月14日、子育てしながら働くことに関する意識調査の結果を発表した。調査は今年7月に実施し、専業主婦254人から回答を得た。

「専業主婦であることをうしろめたく感じたことがある」という人は40.6%。理由として最も多かったのが「自分がお金を稼いでいない」(54.5%)で、次いで「周囲のワーキングマザーとの比較」(15.2%)と続く。

障壁になりそうなのは「家事育児と仕事の両立」「希望する条件の就業先があるか」

専業主婦であることについて、回り方否定的なことを言われた経験があるという人は19.7%。具体的には、

「子育てがひと段落したら働いたら?皆働いてるし」(夫)
「いつまでも働かないわけにいかないんだから、考えないとね」(義母)
「家にいてすることあるの?」(友人)
「仕事しないの?このままでいいの?」(ワーキングマザーの友人)

など、身近な人から言われたという声が多かった。「今すぐ働きたい」(13.4%)、「いずれ働きたい」(68.9%)と考えている専業主婦は合計82.3%にのぼっている。働きたい理由としては「自由に使えるお金が欲しい」(42.9%)」が最も多く、続いて「社会や人とのつながりが欲しい」(12.2%)、「経済的に自立したい」(8.3%)と続いた。

働くことになった場合に障壁になりそうなことを聞くと、1位は「家事育児と仕事の両立」(29.1%)で、以降は「自分のブランクや希望する条件の就業先があるかどうか」(25.6%)、「保活を含む預け先の確保」(13.4%)と続く。

一方、「働きたくない」と回答した人は、「外に出て働くよりも子どもと一緒にいたい」(42%)、「家事育児で余裕がない」(30%)と考えていることがわかった。

女性活躍の推進については「結局女性の負担が減る訳ではないと感じる」

女性活躍に関する世の中の取り組みについては、「賛成」が42.5%で、「どちらともいえない」が50.4%となった。

賛否の理由については、「賛同しているし、もっと進むといい」という人も34.7%いるが、「そんなことは求めていない」(14.6%)、「焦りやプレッシャーを感じる」(11.8%)、「おいてけぼりのような感覚がある」(10.2%)といった声もあがっている。

具体的には、賛成派から「どの職場でも女性が活躍できれば、この先働きやすくなるかもしれないから」という声があがる一方で、

「子育てだけでは不十分で、仕事をしなければ社会に貢献していないと言われているよう」
「家事育児に加えて社会に出て働きなさいというプレッシャーを受けている気分になる」
「結局女性の負担が減る訳ではないと感じる」

といった声もよせられた。また、「働く人が快適に働けるような社会が理想。働きたくない人にまで強要しないでほしい」「家事や育児を頑張ることも立派な活躍」と訴える人もいる。

関連リンク

  • 8/15 7:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • ヤン中佐

    8/15 13:40

    うしろめたさなんて感じる必要なし。旦那の稼ぎ以上の労働を家の中でやってんだから。

  • アレックス

    8/15 13:31

    子育ては女性だけがしたらいいなんて昭和時代に居そうな古~くて固~い頭の方はどなた?そんな事言ってるから相手に恵まれなくなるんだよね。知ったこっちゃないけど。

  • あきひろ

    8/15 13:23

    そもそもの要因はワンオペ育児なんだよな~ママ一人で子育てしながらパートや契約社員なんて土台無理な話運転しながら携帯見たら危ないのと同じ。誰かに変わって貰えばいい話ただしこの場合の誰かとは姑や母であって夫が~夫が~男が~と喚きちらすのは全くの見当違い。

記事の無断転載を禁じます