「マツコ・デラックスがパニックで番組を降りたがっている」を信じちゃう“悪意ある”情弱な人々

NHKから国民を守る党の公式サイトより

7月29日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスさんが、

「この人たちがこれだけの目的のために国政に出られたら、それで税金払われたら、受信料もそうだけどそっちのほうが迷惑だし、一体これから何をしてくれるか判断しないと。今のままだと、ただの気持ち悪い人たちだから」
「ふざけて(票を)入れてる人も相当数いると思う」
「でも真面目に受信料問題にについて語ったとして、ここまで話題になったかっていうと難しいから、あの気持ち悪い政見放送で効果が出た」

とコメントしたことが発端で、8月12日の同番組生放送中のスタジオ外へ突撃し、ガラス越しに講義を続けたことが話題となっている、「NHKから国民を守る党」の党首・立花孝志参議院議員。

その異質な存在感の片鱗を最初に見せたのは、立花さんが2016年に東京都知事選に出馬した際でした。

関連記事:上杉隆氏が「NHKから国民を守る党」の幹事長へ 僕は貴方に受けた侮辱を忘れていません|久田将義 | TABLO

「都知事選では、政見放送で高らかに連呼した『NHKを〜ぶっこわ〜す♪』のフレーズや、選挙ポスターにデカデカと『NHKをぶっ壊す!』と掲げたうえ、玄関先に貼るとたちどころにNHKが逃げてゆくという『NHK撃退シール』を貼り付け、物好きな一部都民の好奇心を刺激したものです。多くの都民が完全なる“泡沫”“色物”として見ていたでしょうけれど、結果は21人中8位で幸福実現党の候補者と僅差。あのフレーズが響いた都民が大多数存在したことが明らかになった瞬間でしたが、まさか先の参議院選挙で1議席を獲得するまで躍進するとは……」(週刊誌記者)

さて前述のMX突撃を、立花さんはYouTubeで配信。このときに立花さんが「マツコ・デラックスがパニックになって、番組を降りると言っているそうです」と発言したことを報じた一部メディアに対し、ネット上ではその発言を真に受けた人で溢れ変えていました。

「マツコ、クソダセェ(笑)」「だらしないな」「本件は明らかにマツコが一線を超えた。逃げずにN国支持者に謝罪すべき」「この件で、マツコって反論を受けない前提での毒舌だったんだな、意外に脆いんだなと感じた」「今回はサンドバックがいきなり殴り返してきたので、パニックになってるんだろう。いい気味だ」「マツコは好きだけど、逃げちゃダメだろ」「毒舌を売り物にしている芸人さん達にとっては死活問題だな。政治を風刺する事はできなくなっちゃうね」「立花氏は『マツコがパニック』と聞いたら引き下がった、弱ったものまで叩かないと言ったまで」「マツコさんは一方的に殴るけど殴られる覚悟ない人だってことがわかった」

しかし8月14日配信のサンスポによると、マツコさんの所属事務所は、

参考記事:10年間、NHK受信料支払いを拒否した結果 いくら支払う事になったかご報告します|久田将義 | TABLO

<「(パニックには)全然なってません。そんなことで動揺する人でもない。降板の話も全くない」と完全否定>しているといい、ネット上は、

「何がいやって、ホントかウソかわかんない『マツコさんがパニックで番組辞めたいと言っている』みたいなことを言い捨てるとこ」
「馬鹿が悪ふざけしてるから、局の迷惑になったら申し訳ないなって思ってるんじゃない?」
「何のソースもないのに立花の『マツコはパニックになって番組を降板しようとしている』という発言をニュースにしちゃうのは如何なものか。実際、マツコの所属事務所は否定しているし、私もマツコがそんな事でパニックになるような人間だとは思わない」

といった冷静な声も続々と増えているのが現状です。

ではタレントコメンテーターたちはいかがでしょうか。ネット上では、「TOKYOMXが立花党首を『5時に夢中』に出演させて反論させる機会を与えれば済む話。なぜテレビタレントはそこを指摘しない」「問題なのはマツコの発言だけでなく、それに対しての反論をするための機会を与えなかった5時に夢中にもあります」といった生真面目な声もあります、が……。

なんと、この話題を取り上げたワイドショーは皆無(8月14日現在)。あのなんでも飛びつく『バイキング』(フジテレビ)でさえだんまりを決め込んだまま。お盆だからでしょうか?

そんななか唯一取り上げたのは、8月13日深夜放送のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)。爆笑問題の太田光さんが、

「TBSラジオを、ぶっこわ〜す♪」
「やっかいだよあれ〜。目がイっちゃってるもんな」
「いろんなとこ来るよあれ。なまはげみたいなもんだよ? 『悪い子はいねがー!』っつって」

と、軽やかに言及してくれたのです。

「太田さんの発言で、奥歯に物が挟まったような感覚を覚えていた人たちがやっとすっきりしたのではないでしょうか。そもそも立花氏の原点である、“玄関にNHK退散シールを貼る”という発想は、魔除け=なまはげにも通じるなあと、そこまで思い至ってしまいましたよ」(前出・記者)

今後、なまはげに触れるワイドショーはあるのでしょうか。果たして。(文◎じゅる王)

タイトル画像は『NHKから国民を守る党』公式サイトより

あわせて読む:マツコも本気で嫌い? 新「嫌いな女子アナ」第1位の弘中綾香アナ(テレ朝) ロリなのに毒舌で女性層が嫌悪感か | TABLO

関連リンク

  • 8/15 6:00
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

10
  • ばんび

    8/19 17:56

    不倫路上カーセックスのNHKをぶっ壊せ!o(`^´*)

  • ってか、それを「情報弱者」なんて言い出したら、8月17日発売の「東京スポーツの最終面記事」なんて「情報弱者の巣窟」になってしまうけど(笑)。真の意味の情報弱者ってのは「新聞やテレビの情報はウソばかりで信じられない。ネット記事しか信じない」とか口にしながら「そのネット記事の出処が朝日新聞や毎日新聞や東スポwebだった」ことに気付かない奴のことかと。本当にいたからねぇ。

  • ばんび

    8/18 21:34

    NHKをぶっ壊せ!(*^ー^)ノ♪

記事の無断転載を禁じます