「彼との関係って、一体何なの…?」男と朝を迎えてしまった女が、翌日目の当たりにした光景とは

「女の価値は、顔でしょ?」

恵まれたルックスで、男もお金も思い通り、モテまくりの人生を送ってきた優里・29歳。

玉の輿なんて楽勝。あとは、私が本気になるだけ。

そう思っていた。

だが、30歳を前に、モテ女の人生は徐々に予想外の方向に向かっていく…。

男性からの誘いがゼロ。慌てた優里は、武藤とのデートに臨んだものの、彼の話がつまらなすぎて飲みすぎてしまった。その後、どうなったのか…?


−バレませんように…。

オフィスに到着した優里は、すぐさまロッカールームへと向かった。

予備で置いてある白のジャケットを羽織る。この暑い中、ジャケットなんか着たくないが、昨日と同じ洋服ということがバレないようにするためだ。

冷房が苦手で…などと、それっぽい理由を言っておけば大丈夫だろう。

今朝は、いわゆる朝帰り。武藤の部屋からオフィスへ直行したため、着替える時間がなかったのだ。

化粧も普段より薄いが、幸い来客の予定もないから問題ないはずだ。こういう時、化粧でごまかさなくても美しい顔の自分はラッキーだと思う。

「おはようございます」

事務局室に入ると、丸山とバッチリ目が合った。彼女は目を大きく見開き、ニヤリと微笑んだ。何かに気づいたらしい。

−もしかして…バレた!?

首筋にじんわりと汗が伝う。ジャケットを着ているせいで、いやに暑い。

尋問されないように、素知らぬふりをして世間話にもっていく。

「今日も暑いですね。ほんと、嫌になっちゃいます」

すると、丸山がピクッと反応した。

「ジャケット脱いだら?」

どうやら墓穴を掘ったらしい。丸山は確信したようにニヤニヤしているではないか。

優里は、後から事情を聞かれるのだろうと、腹を決める。

そして、ついさきほどまで一緒だった武藤との出来事を思い返した。

最悪だった初デート。飲み過ぎてしまった優里が、朝目を覚ますと…?

なんだか、しっくりくる


「頭、痛いなぁ…」

ガスコンロを点ける、チチッという音で目がさめた優里は、現実を受け入れるのに時間を要した。

見覚えのない部屋で、ソファーベッドの上にいる自分。

目の前では、武藤がキビキビと動いており、右手にはフライパン、左手にはフライ返しを持っている。

「おはようございます。あとちょっとでご飯炊けますので」

「あ、ありがとう…」

反射的に返事をしたものの、やはり状況が飲み込めない。自分はここで何をしているのだろうか。

ブランケットの中でモゾモゾしていると、武藤がコップにミネラルウォーターを入れて運んできてくれた。

一気に水を飲み干し、ようやく目が覚めてきた優里は、咄嗟に自分の服装を確認する。

幸い、服装は昨日のまま。脱いだ形跡はない。まずは一安心だ。

「ご飯が炊けるまでの間、シャワー浴びますか?あ、男用のスカルプシャンプーしかないですけど…」

この際、スカルプシャンプーでも何でも良い。優里は急いでシャワーを浴びた。


優里がリビングに戻ると、朝ごはんが並んでいた。

なめこ汁、卵焼き、鮭、納豆、冷奴、煮豆に、炊きたてのご飯。

バランスの取れた完璧な朝食に驚いてしまう。それに、ミョウガ、ネギ、生姜、大葉などの薬味まで用意されているのだ。

「いただきます…。お料理上手なんですね」

優里が呟くと、武藤がニコッと笑った。

「家庭的な男アピールですよ!料理出来た方がモテるかもって思って始めたんですけど、だんだんハマっちゃって。

いつもは一人で消費するので寂しいんですけど。誰かに食べてもらうの、初めてです」

そう言って納豆をかき混ぜていた武藤が、思い出したように続けた。

「念のため言っておきますけど、昨日は何もありません。僕は、自分のベッドで寝ました。安心してください」

「あ、そう…」

朝ごはんを終えると、ネスプレッソマシーンでコーヒーを淹れてくれた。武藤と優里は、ソファに並んで座り、朝の情報番組を見る。

「大野理事長、金融関係だし…。リブラとかどう思ってるんでしょうね」

「さあね。私も勉強しなくちゃ」

そんな会話をしながらテレビを見ていたが、一緒にいて驚くほどしっくりくる。この関係は一体何なのだと、優里は自分でも不思議でならない。

番組の最後、占いの時間になったところで、「お誕生日いつなんですか」と、武藤から聞かれた。

「そういえば…。もうすぐだわ」

優里がボソッと呟くと、武藤はそれ以上何も言わず、「そろそろ出ましょうか」とエアコンのスイッチを切った。

駅まで歩きながら、優里は道路に生息する植物に目をやる。

「ねえ、ヒメジョオンって知ってる?」

武藤は「大野理事長の影響ですか?僕、お勉強はそれなりに出来たので、植物はまあまあ詳しいですよ」と、笑った。

「暇な時で良いので、またご飯に行ってもらえますか?次は、優里さんに言われた通り、タクシー使いますし、自分の話ばかりしないようにしますから」

「そ、そうね…」

優里は、これまで男性に感じたことのない居心地の良さを、武藤に感じ始めていた。

丸山から詰問される優里。そして、再び武藤と会うことになるが…?

弱った時に頼れる男


「それで…?詳しいこと、聞いても良いのかしら?」

昼休みになり、『POTASTA』でテイクアウトしたサンドウィッチをデスクで食べていると、丸山が近寄って来た。その顔は、ワイドショーを食い入るように見るおばさんそのものである。

「ちょっと飲みすぎてしまって…」

歯切れ悪く答える優里に、丸山は遠慮なくズケズケと質問をぶつけてくる。

「すぐに気づいたわよ。そういうカンだけは悪くないのよね、私。で、相手はどんな人なの!?結婚は?あー、気になっちゃう」

「いえ、お付き合いとかそういうのでは…」

優里は、余計なことはしゃべるまいと決め、曖昧な表現で逃げ切ろうと必死だ。

すると、丸山はボソッとつぶやいた。

「武藤さんだったりしてねえ」

「は、はい!?」

声が裏返ってしまった。嘘をつくのが苦手な優里は、言い当てられて動揺してしまったのだ。心臓がバクバクして、うっすらと汗がにじむ。

「ええ!もしかして、ほんとに武藤さんなの?いつの間に、そんな関係になったのよぉ?早く言ってよ、もう!」

完全にバレてしまった。

「ヒューヒュー!アベックって良いわねえ」

ヒューヒューもアベックも完全に死語だが、丸山はなぜか一人テンション高く盛り上がっている。

「だから…付き合ってはいないんです。食事に行っただけで」

「私、口堅いから安心してちょうだい。事務局のみんなには黙っておくから。あー、次に武藤さん見かけたらニヤニヤしちゃいそうだわ」

これ以上は、丸山に何を言っても無駄だと判断した。


「なんだか身体がだるい…」

帰宅した優里は、関節の痛みと寒気を感じた。昨日飲みすぎたせいだと思っていたが、頭はガンガン痛くなるばかり。足元もふらついてしまう。

おかしいなと思って体温を測ってみると、なんと38.7度もある。

−うそでしょ…。

フラフラとベッドに入ったきり、そのまま動けなくなってしまった。家には、風邪薬もなければ栄養ドリンクもない。次第に、とてつもない孤独感に襲われる。

すると、枕元にあったスマホがピコーンと鳴った。

“優里さん、ハンカチを忘れていったみたいです。すぐ気づかなくてごめんなさい。

今度お渡します、ちゃんと洗っておくのでご安心を( ´ ▽ ` )“

それは武藤からだった。

“連絡ありがとう。私…風邪ひいちゃったみたい”

意識が朦朧としていたせいだろうか。助けてほしいとかそういう意図はなかったのだが、武藤にそんなLINEを送ってしまっていた。

すると、すぐに彼から電話がかかってきた。

「大丈夫ですか?昨日寒かったのかな…。ごめんなさい」

すっかり弱っていた優里は、武藤の優しさに思わず涙ぐんでしまう。

「ご飯は食べましたか?薬は飲みましたか?寒くないですか?」

武藤は矢継ぎ早に質問した後、こう言った。

「お家どこですか?薬とかご飯買って持って行きます。渡したらすぐに帰りますから」

デリバリーサービスも豊富なこの時代、わざわざ来てくれるなんて。それに、昨日から彼と過ごした時間の中で、彼は信頼出来るという確信もあった。

思い切って、素直に甘えてみよう。気づけばそんな風に考えていた。

住所をLINEで送ろうかと尋ねると、武藤は「暗記は得意です。言ってくれれば覚えます。余裕のよっちゃんです」と言って電話を切る。

そして、45分後。

優里の部屋のインターホンが鳴った。

栄養ドリンクや市販の薬、フルーツやレトルト食品を大量に抱えた武藤が、ゼエゼエと息を切らしながら立っている。

−本当に来てくれるなんて…。

ドアを開けた優里は、思わず武藤に抱きついた。


▶︎Next:8月22日木曜公開予定
武藤と付き合い始めた優里。まさかの展開が待っていた…?


▶明日8月16日(金)は、人気連載『家族ぐるみ』

~夫の学生時代の友人2家族と、家族ぐるみの付き合いを開始した美希(36)。マンネリな日常からの変化に喜んだのも束の間、いつしか関係はいびつに変化していき…。続きは、明日の連載をお楽しみに!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/15 5:05
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます