「ありがとう」 サインボードで感謝を伝えるドライバーが話題

拡大画像を見る

最近、日本ではあおり運転のニュースが良く取り上げられていますが、海の向こうアメリカでは、意外な形でサインボードを使いこなすドライバーがちょっとした話題です。

https://twitter.com/allisonklemes/status/1158830391727235072
8月6日にTwitterに投稿された、こちらの動画。ロサンゼルスの渋滞中の道路で撮影されたものです。動画を撮影した投稿主の前を走行中の車が、どうやら左車線に入りたいようです。すると突然、運転席側から「入れてもらえますか?(Please let me in)」と書かれたサインボードが。道を譲ってあげると、今度はサインボードをひっくり返し、「ありがとう(Thanks)」というメッセージが現れました。投稿主と同乗者は二人揃って大笑い。

ニューヨークやロサンゼルスなどの都市部では、道路が渋滞していると、ドライバー同士が大声やハンドサインで罵りあったり、けたたましいクラクションが鳴り響いたりするものです。そうしたことに慣れている他のドライバー達からは、「サンキューの一言で。世界はこうも良くなるんだね」、「ニュージャージーでも試してみたいけど、冷たい土地だから無視されそう」、「これはいいアイデアだ。真似させてもらうよ」といった声がありました。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/allisonklemes/status/1158830391727235072

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連リンク

  • 8/15 4:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます