「また来てほしい!」と彼女を喜ばせる部屋の褒め方9パターン

交際開始間もない彼女の部屋に招かれたら、誰でも緊張するでしょう。初めて上がるときだからこそ、ポイントを外さずに褒めて、「また来てほしい」と思わせたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『また来てほしい!』と彼女を喜ばせる部屋の褒め方」を紹介します。

【1】玄関を開けてすぐ「すっきり片づいてるね!」
「部屋の顔を褒められて悪い気はしない」(20代女性)というように、第一印象をいきなり褒めて、彼女のテンションを上げるパターンです。「俺んちの玄関なんか靴だらけで足の踏み場がないんだよ」などと自分を下げて、上手に気分を乗せてあげましょう。

【2】部屋に入って「いい香りがするね」
「『女子の部屋って感じ!』という一言にドキドキしました」(10代女性)など、男性だとなかなか気づかない「香り」に注目することで、「わかってる感」を演出する手もあります。続けて何か言うなら、「どこの消臭剤?」ではなく、「アロマ詳しいの?」と聞くのが正解でしょう。

【3】インテリアに対して「うわっ、おしゃれだなー」
「ミッドセンチュリーの家具にこだわってるから、素直にうれしい」(20代女性)など、インテリアにこだわる女性ほど、褒められると嬉しさも募るようです。デザイナーズ家具に詳しくない場合は、知ったかぶりせずに「統一感があるよね」などとコーディネート全体にコメントするのがよいでしょう。

【4】家電を眺めて「いいの選んだね!」
「ネットショッピングで熟考して決めたから、分かってもらえたのがうれしい」(20代女性)というように、実用指向の女性には「目利き・お買い得」に関連するフレーズが最上の褒め言葉になるようです。とはいえ、単なる型落ちねらいや、実はこだわりがない可能性もあるので、確信がなければ言及しないほうが無難でしょう。

【5】カーテンを見て「家具と色を合わせてるんだ?」
「細かいこだわりに目を留めてもらえるとびっくりしますね」(10代女性)など、センスを褒めるにしても何か具体的な個所に焦点を当てると、信ぴょう性が増すようです。「そんなにこだわってないよ」と返ってきても、「いや、完璧でしょ」とダメ押ししましょう。

【6】スパイスラックを見て「結構本格的なんだ!」
「ちゃんと料理する人間だってことをわかってもらいたかったので、『おっ、気付いたか!』と思いました(笑)」(20代女性)というように、キッチンを観察すると、彼女が何を言われたいのか見極められるかもしれません。「今度得意料理を作ってね」とすかさずお願いして盛り上げましょう。

【7】本棚をのぞいて「いい趣味だよね」
「本の趣味ほどその人の内面を表すものはないので、褒められて悪い気はしません」(10代女性)というように、本棚のラインナップをじっくり見て気の利いたコメントを出すのもよさそうです。「この本貸して!」などと積極的に興味を示せば、彼女との距離はますます縮まるでしょう。

【8】しばらくくつろいでから「初めて来た気がしない。すごく落ち着くよ」
「こっちも『帰らないでいいよ!』ってなりますよね(笑)」(10代女性)など、その部屋に何の違和感もなく馴染んでみせることで、彼女との相性の良さを示す作戦です。わざとらしく言うのではなく、何気なくつぶやくくらいがちょうどいいでしょう。

【9】旅先で買った変な置物を見て「俺もこういうの好き!」
「変わった趣味に思われるかドキドキしていたから、むしろ好意的でうれしかった」(20代女性)など、あえて個性的すぎるアイテムに触れることで、彼女の心をつかむパターンです。「意外とかわいい」「変なところがたまらない」などと豊富なボキャブラリーで攻めましょう。

女性が褒めてほしいツボをピンポイントで褒めると効果的なようです。ジロジロ観察しすぎるのも引かれるので、第一印象をさりげなく伝えたほうが印象はよさそうです。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/14 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます