一歩間違えると全く効果ナシ!?日焼け止めの正しい塗り方をおさらい

Item

使ったのはコレ!

乳液のようななめらかなクリームはつけると無色に。

How to 01

適量をとったらすべてを点置きする

面積の広いほおとおでこからちょんちょんとつけて、鼻とあごにものせて。そのつど手にとってのばすよりも、肌にのせた分をすべて塗りきることができるので、適量をきちんとムラなく塗れる。

How to 02

点置きした日焼け止めをていねいにのばす

広いほおやおでこからスタート。中心から外側に向かって均一に塗り広げていく。強くすり込まずやさしくつけて。

How to 03

フェイスラインまで抜かりなく塗ろう

生えぎわやあご先、耳の手前、顔の端まで。地面の照り返しによっても焼けるため、あご下や鼻の下側も意識。

How to 04

皮膚の薄いまぶたはこすらずやさしく塗る

目まわりやまぶたにものばしていく。このとき強くこすらないように肌の上をなでるようにソフトタッチで。

How to 05

小鼻など細かい部分にも気をつけて

小鼻や鼻のつけ根付近など、入り組んだ凹凸部分は塗りムラができやすいポイント。ここもしっかりと塗る。

How to 06

焼けやすい高い位置は重ねづけして

太陽に向くほおや鼻筋などは直に紫外線を浴びやすい箇所。新たに少量をとり、上から重ねてなじませる。

How to 07

首まで伸ばしてフィニッシュ

メイクしていない首やデコルテは、無防備になっているのでここもマストで日焼け止めをつけましょう。

More!

他にもおすすめの日焼け止めをご紹介♡

UVフェイスプロテクター50 SPF50+・PA++++50㎖

ストレスフリーなみずみずしいテクスチャー。

UVエクスペールトーンアップn SPF50+・PA++++30㎖

日焼け止めでワントーン明るい肌に。

あわせて読みたい

撮影/藤原宏(Pygmy Company)、久々江満(物) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリング/稲葉有理奈(KIND) モデル/渡辺梨加(本誌専属)

関連リンク

  • 8/14 6:30
  • Ray

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます