“キバを抜かれた”加藤浩次に「スッキリ」視聴者が感じたガッカリ感

拡大画像を見る

 やたらと謝りまくっていた極楽とんぼの加藤浩次。

 8月9日もMCを務める「スッキリ」(日本テレビ系)で、あれだけ「辞める!」と全国に言い放った言葉を撤回。吉本興業に残ることを伝え、「どうもすいませんでした」と頭を下げた。共演する水ト麻美アナが「変えるのも覚悟がいる」と擁護すると、直後には同様のエールがネット上に書き込まれたが、徐々に風向きが変わり、加藤の啖呵に期待して見守ってきた視聴者からも、ブーイングが上がり始めている。

「SNSでは《キバを抜かれた》《言い訳ばかり》の声が優勢でしたね。加藤が残留する理由として話していたのがエージェント制の導入。本人が思いついたそうで、松本人志からも『エージェント契約がOKなら残るんだな?』と言われたとか。つまり、自らのアイデアを会社が呑んでくれたから残るといった説明でしたが、そもそも『辞める』と啖呵を切ったときには考えてもいなかったことのはず。それと松本をはじめ、浜田雅功、東野幸治、岡村隆史、ココリコ、ロンブー淳と、吉本のトップ芸人たちの名前を羅列して、まるで残留を説得されたかのような流れには違和感を覚える視聴者も多かったようです」(女性誌ライター)

 番組内で加藤が話した「吉本に残る形になってしまった」という言葉に、ネット民は敏感に反応。《残る形?エラそうに!》《まるで辞めたいけどと言ってるみたいですね。めっちゃ残りたい気持ちがありありなのに》《エージェントとか取って付けたような理由》《松ちゃんに説得されたみたいな言い方やめてもらえませんか》とツッコまれまくり。さらに「僕自身も吉本に世話になってきている部分もあります」という発言には、《部分?大部分じゃね?》と早撃ちのツッコミを食らってしまった。

「先日、上沼恵美子が関西の番組で、吉本が劇場も用意してくれてチャンスをくれてるのに若手芸人が文句を言うのはお門違いという趣旨の発言をしましたが、加藤はそれを受けたのか、『劇場があることによって舞台を踏んで、ちょっとでも受けるネタ。最初なんか僕ら、ネタなんかまったくウケなかったですし。ネタで上がってきた人間でもないんですよ、ここまで。でもその訓練をさせてくれたのが吉本興業だから、そこに対しての恩義もあるっていうのがあるんです』と、グダグダの言い訳になっていました。これまで、攻撃的な“キレ”のあるコメントが持ち味だっただけに残念ですね」(前出・女性誌ライター)

 この騒動、結局誰も“スッキリ”できず、モヤモヤしたまま幕を下ろすようだ。

(小机かをる)

関連リンク

  • 8/14 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • そらそうよ。吉本興業辞めて今の生活棄てられんだろ。家族も居るだろうし。恥を忍んで謝罪するのも勇気がいったと思うよ。

  • パワーワードだけ言い放って話題に便乗しただけの3流芸人。 信念みたいなものがないから最初から安っぽく見えたけど…

記事の無断転載を禁じます