時が止まったニューヨークの街並み スマホでこんなスーパースローモーション映像まで撮影できるんです

拡大画像を見る

皆さんはスマートフォンのカメラ機能をどこまで使いこなせていますか?

一般の人が気付かないうちに、どんどん進化していくスマートフォンのカメラ機能。そのすごさが一目でわかる映像がYouTubeで公開されています。

New York frozen with 960fps Super Slow Motion(YouTube)
https://youtu.be/7vK1XKxe0Ts

この映像はGlen Vivarisさんが、サムスン Galaxy S10で撮影したもの。毎秒960フレームで撮影することにより、ニューヨークの街を行き交う人々の時が止まったようになっています。勿論、完全に時が止まったわけではないので、ゆっくりとですが、人の動きや看板や信号の明かりがちらついているのを確認できる部分もあります。車に乗りながらの撮影だったそうですが、実際には車は普通のスピードで街中を走行し、人々も普通の歩行スピードで歩き回っていたそうです。

GTA 4 Loading Screen Theme HD(YouTube)
https://youtu.be/xh40QxwZz7Q

この映像を見た人達の多くが、「グランド・セフト・オートのローディング画面みたいだ」とコメントしています。

https://www.instagram.com/p/BlDqG_bH6YA/
Glenさんは、「少林サッカー」にインスパイアされたビーチサッカーのスローモーション映像も公開しています。

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=7vK1XKxe0Ts

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

関連リンク

  • 8/14 5:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます