「あなたの番です」で活躍する木村多江が明かした“整形するつもりだった”過去

拡大画像を見る

 黒幕は誰なのか…。

 2クール放送の「あなたの番です」(日本テレビ系)も残す放送回数が5話となり、視聴者の間では“犯人捜し”のための考察が各所で繰り広げられている。番組公式ホームページでは、主役の手塚翔太役=田中圭、その妻・菜奈役=原田知世、第2章「反撃編」から登場した二階堂忍役=横浜流星、世間から“黒幕では?”と指摘されている黒島沙和役=西野七瀬、第6話で突然「演劇企画 満員on礼」に入団して舞台を始めた田宮淳一郎役=生瀬勝久、すでに収監されている榎本早苗役=木村多江の6名が一緒に写る画像がトップ画面になっているため、「黒幕はこの6人の中にいるのではないか」と指摘する声が多い。

 しかし、7月28日放送の第14話では木村演じる早苗の黒幕説は消滅。凶暴な異常性のある息子をかばうために殺人を犯したことが判明。刑務所の部屋の枕を引き裂き、中から綿を引き抜いて口に詰め込み白目を剥いて自死を図るも助かった。

「木村は『あな番』で女優としての地位を確立できたのではないでしょうか。7月8日放送の『ごごナマ』(NHK)にゲスト出演した時には、まだ知名度のない頃に周囲の女優たちが美しいことから、自分も美容整形をして目を大きくしてきれいになろうと思い、病院にまで行ったことがあると告白。高額な手術代に驚いてやめたと語り、番組MCの美保純から『昔は整形ってすっごく高かったよね。あたしもそれで無理だと思った』と共感されていました。つまり、それほど女優として自信のない時代があったということでしょう」(女性誌記者)

 番組MCの船越英一郎から「整形しなくてよかったですよ」と“和顔”を褒められていた木村。ネット上でも「その顔だから不幸が似合う」「細い目だからこそ怖い時は怖い」「パッチリ二重の早苗さんだったらイメージ違った」など、整形をしなくて正解との声があふれているようだが、まさにその通りだろう。

関連リンク

  • 8/13 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます