宮迫博之「処分撤回」でも「芸人廃業で『唐沢軍団』入り」への道

拡大画像を見る

「やはり、宮迫と亮の涙の記者会見の影響は大きかった。あれで潮目が変わりましたね」(芸能記者)

 7月20日午後、反社会勢力の忘年会に参加し、金銭を授受したという“闇営業”で所属事務所から契約解除された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、無期限謹慎処分となっていたロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が、都内で謝罪会見を行った。

「自分の口で事実を話したい」と、鬼気迫る思いで臨んだ会見は2時間半にも及び、2人の口から明らかになった情報は衝撃的なものばかりだった。また、宮迫、亮が号泣する場面や、質問する記者が感情的になる場面などもあり、会見は白熱した。

 宮迫は会見で「引退は考えていない」と表明。今後も芸能活動を続けていくとみられる。宮迫と亮の会見を受け、22日には会社側も会見を開き、「2人の処分を撤回する」と明言した。

「気になる今後についてですが、雨上がり決死隊は解散せず、相方の蛍原徹(51)だけが仕事を続ける“極楽とんぼ状態”になると、7月23日発売の『FLASH』(光文社)では報じています。蛍原が1人で頑張っていれば、長期間の謹慎を経て復帰した山本圭壱(51)のようにコンビとしてテレビで復活することもできると『FLASH』は考察しています。ただ、宮迫と亮は相当な覚悟であの記者会見を開いたわけですから、すんなりと元の会社に戻る可能性は少ないのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 7月23日付の『スポニチアネックス』でも、宮迫と亮が元の会社に戻る可能性は「現時点ではほぼ0%」だと関係者の意見を掲載している。

 記事によると、特に自ら「契約解除してほしい」と語った亮の意志は固く、また2人とも「今更そんなことを言われても、という気持ちだろう」と伝えている。

「その一方で、宮迫獲得に向けて動きを進めている芸能事務所もあると聞こえてきています。『FLASH』の記事にもありますが、もともと宮迫は松田優作に憧れて、演技を学ぶためにお笑いの世界に入った人間です。演技の評価も高く、2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』や、映画『20世紀少年』にも出演しています。

 俳優との交流も多く、特に唐沢寿明(56)とは仲が良く、唐沢主催の飲み会にはよく顔を出しています。唐沢と宮迫は2000年の野田秀樹(63)演出の舞台『カノン』で共演して以来の仲。もはや宮迫は『唐沢軍団』の一員と言っていいほどの深い関係で、宮迫は気軽に唐沢から呼び出されるそうです。スポンサーの意向を踏まえなければならないテレビでの復帰はまだまだ先になるでしょうが、唐沢や俳優仲間の後押しで、映画や舞台で復帰するというのは現実的だと思われます」(前出の芸能プロ関係者)

 今後は社会貢献活動をするとされている宮迫。芸能界復帰後、宮迫が『唐沢軍団』入りし、銀幕俳優として活躍する姿も見てみたい!?

関連リンク

  • 7/24 7:02
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます