工藤静香、自撮りの過剰すぎる画像加工が物議に「どんだけ修正してるの?」

拡大画像を見る

 工藤静香がインスタグラムのストーリーズにアップした自撮り写真が物議を醸している。

 現在全国ツアーを行っている工藤。SNSでは会場移動中のオフショットなどを公開し、ファンからの反響を集めている。

 そんな中、工藤は21日に安城市民会館で行われる愛知公演前にインスタグラムのストーリーズを更新し、「今日、安城満席ですが、機材席を開放して9席だけ当日券作りました。是非」とコメントし、自撮り写真を投稿した。写真に写る工藤は車で移動中なようで、車内の様子が映り込んでいた。

 また、その後も「機材席を整え更に15席作りました!」と、増席したことを報告。今度は新幹線の車内から撮影したようで、帽子をかぶってほほ笑む工藤が映っていた。

 しかし、車内で撮影された写真をよく見ると、かなり白く加工されており、着用しているシートベルトまで真っ白に。

 この写真についてネットからは、「白飛ばしし過ぎてシートベルトと一体化してる…」「シートベルトまで白ってどんだけ修正してるの?」「自撮り率が多すぎる。思春期の女の子みたい」といった厳しいツッコミが集まってしまっていた。

 実は工藤、先月14日に『工藤静香のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)に出演した際、「ちょっと嫌です、加工は」と加工について否定的に語っていただけに、今回の画像修正に違和感を覚えた視聴者が多くいたようだ。

  • 7/23 12:05
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます