倉木麻衣、「ZARD『負けないで』をカバー」にまたもあがる批判と悲鳴!

拡大画像を見る

 デビュー20周年を記念して8月14日にアルバム「Let’s GOAL!~薔薇色の人生~」をリリースするという倉木麻衣。しかし、その初回盤限定のボーナスディスクにZARDの「負けないで」のカバーが収録されているとの情報に、批判の声があがっている。

「初回限定版は東京五輪へのエールの意味も込め、5大陸の5色ジャケットを用意するといいます。そこへ、倉木がZARDの故・坂井泉水と親交があったこと、応援ソングでもあることから、名曲の『負けないで』のカバーを入れることになったそうですね」(音楽誌関係者)

 加えて倉木は、今年2月、「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の企画で、映像で再現された坂井さんとのデュエットを果たしており、その反響も今回のカバーのきっかけとなったというが、ネット上では〈頼むからやめてくれ〉との声が多くあがっているのだ。

「《伝説の曲を簡単にカバーするな》《まったくタイプが違うアーティストなのに無理がある》といった批判が多く見られ、これらは、『ミュージックステーション』の時の“デュエット”でも同じような現象が起きていましたね」(ネットウオッチャー)

 倉木は17歳でデビュー以降、シングル42作がすべてオリコン10位内という、ソロアーティストとしての歴代1位の記録を更新中で、30代半ばにした今も根強いファンは多い。

「そんな倉木も過去、ダウンタウンが司会だった『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)で、浜田雅功が宇多田ヒカルに対し、名前は出さないものの“パクリ出てきてるやん”としたことで、倉木の事務所が激怒。フジが謝罪する騒動に発展した過去がある。今回のカバーは坂井さんが倉木と同じレコード会社だったことから実現している企画でしょうが、倉木ファンもそんな強烈なトラウマがあることから、ZARDファンからのブーイングが出れば出るほど、他のアーティストと関わらずオリジナルでいってほしいという思いが込み上げるのでしょう」(前出・ネットウォッチャー)

 それだけ、いまだ注目度が高いということなのだろうが。

関連リンク

  • 7/23 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

10
  • …ず…

    7/24 16:23

    聞いてみたいけどな~( ・ε・)何がそんなにダメなんだろう…

  • 私も『カバー反対派』好きなアーティストがカバーする側だとしても。まぁ、自分が《カバーCD》を買わなければ済むのだけれどね。

  • ソフィア

    7/23 17:13

    人の粘着のためにコメントするとか人生悲しくない?

記事の無断転載を禁じます