ライプツィヒがU-21イングランド代表の獲得で合意…移籍金は約30億円

拡大画像を見る

 ライプツィヒはエヴァートンに所属するU-21イングランド代表FWアデモラ・ルックマンの獲得でクラブ間合意に達した。21日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 ライプツィヒが2250万ポンド(約30億円)をエヴァートンに支払う形で合意。あとはルックマンのメディカルチェックを残すのみとなっているとのこと。ルックマンは5年契約を結ぶと見られている。

 ルックマンは2017-18シーズンの後半、エヴァートンからのレンタルという形でライプツィヒでプレーし、公式戦11試合に出場。5得点4アシストの活躍を見せた。その当時からライプツィヒは完全移籍での獲得を希望していたと同紙は伝えている。

関連リンク

  • 7/22 14:22
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます