振り向いて欲しい♡男友達に恋愛相手として意識させる方法5選

拡大画像を見る

「仲がいい男友達だけど、なんだか最近気になる…♡」そんな風に思った経験はありませんか? いつも近くにいる男友達に恋愛感情を抱いてしまうと、そこからどうやって進展させればいいのか…と悩む女性も多いはず。 振り向いて欲しい彼に、ただの女友達から恋愛対象の女性として見てもらうにはいくつかのポイントがあります。そこで今回は、気になる男友達に恋愛相手として意識させる方法をご紹介します! 大胆なものからすぐに挑戦できそうなものまで、5つの方法を紹介しますのでぜひ試してみてください。

男友達を意識させる♡ファッションを変えてみる


Tirachard Kumtanom/Shutterstock.com

「ファッションを変えて、何の意味があるの?」と思うかも入れませんが、実は男友達を振り向かせるためには、ファッションを変えてみるということはとっても大切なことなんです。


ですが、このイメチェンは小さなことではあまり効果がありません。髪型やメイクをガラッと変えて、ファッションの雰囲気も全然異なるものにイメチェンしてみましょう。


今まで友達として見慣れていた女性の見た目がガラッと変わると、男性は「あれ?こんな感じだったっけ…?なんかきれいかも…♡」とあなたのことを意識するきっかけになり得るでしょう。


ドキドキさせる会話で男友達をその気にさせる♡


takayuki/Shutterstock.com

仲のいい男友達なら、話す機会は多くありますよね。そんな会話の中に、彼をドキッとさせるような言葉を織り交ぜて、一気にその気にさせてしまいましょう。


この方法は少し勇気が必要ですが、効果は抜群です♡

例えば、一緒に遊んだり話したりしているときに、「〇〇君といると楽しいな♡」だとか、「〇〇君と一緒にいると落ち着くな♪」など、彼が特別であるということを伝えてみてください。


きっと彼はドキッとして、あなたのことを意識するようになりますよ♪


また、「好き」という言葉をよく使うのもおすすめ。彼のいいところを見つけたら「◯◯君のそういうところ好きだよ」と声に出して褒めてみましょう。


仲のいい人から「好き」と言われたら誰しも嬉しいものですよね。「あれ?もしかして俺に気があるのかな…?」と意識させたら、しめたものです♡


つい守りたくなる♡男友達に弱さを見せる


leungchopan/Shutterstock.com

この方法も少しテクニックが必要なものですが、効果は絶大といえます。

男友達に相談をしたり、悩みを打ち明けるなど、自分の弱さを見せることで「守ってあげたい」と思わせる方法です。


男性は、女性の悲しげな顔や涙に弱いことも多いです。普段は、友達としか意識していなかった女友達の弱さを見て、「意外と女の子らしいとこあるな…。」と、女性として意識するようになることも。


また、仲のいい人に頼られて嫌な気持ちになる人はいません。もしも悩みがあるなら、気になる男友達に勇気を出して相談してみるのがおすすめです。


彼のタイプを聞き出して♡男友達好みの女性を目指す


metamorworks/Shutterstock.com

この方法は、比較的気軽に挑戦できる方法です。友達同士なら、恋愛関係の話題になることもありますよね。そのときに、さらっと好みの女性のタイプを聞き出してみましょう。


性格や顔のタイプに近づけるとなれば少し難易度は高めですが、ファッションや髪型などの事であれば努力次第で近づくことができますよね。


男友達の好みのタイプの女性に近づく努力をすれば、振り向いてもらえる可能性はググッと上がりそう♡


女性らしさのある香りをさせて、男友達から恋人に…♡


New Africa/Shutterstock.com

いい香りの女性は男性からの人気が高いですよね♪

香水やボディミスト、シャンプーなどにこだわって女性らしい香りを身につけてみてください。


近づいたときにふわっといい香りがすれば、男友達もドキッとすること間違いなし!

あなたのことを恋愛対象の女性として意識し始めるはずです。


ただし、この方法で気をつけたいのは、“ほのかに香らせる”こと。あまりに強い匂いは、人を不快にさせることにも繋がりますので、適量をつけてふんわりと香る程度にしましょう。




男友達に、恋愛相手として意識してもらうのはなかなか大変なことですが、今回ご紹介した方法を使えば、きっと意識してくれるはず。

まずは、手軽にできるものから挑戦して、さりげなくアピールをしてみてはいかがでしょうか?

素敵な女性を目指して、幸せな恋を手に入れてくださいね!

関連リンク

  • 7/22 7:00
  • myreco

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます