○○だからこの抱っこ紐は人気♡みんなが使いたくなる抱っこ紐の理由4つ

拡大画像を見る

ママならみんなが持っているといっても過言ではない“抱っこ紐”。抱っこ紐は現代ママの必需品です。“おんぶ”より“抱っこ”派のママが増えた今、肩や腰への負担も軽減された優秀抱っこ紐が続々と登場しているんです♪ 3児のママである筆者も、たくさんの抱っこ紐を使ってきました。人気の抱っこ紐には理由あり!使いたくなる抱っこ紐をご紹介致しましょう♪

抱っこ紐の定番“エルゴベビー”は進化を遂げています!


wear.jp


<商品>
エルゴベビー・ベビーキャリア OMNI360 クールエア /29,000円(税抜)


抱っこ紐の定番!愛用しているママも多いエルゴベビー♪

筆者も長女の時に購入しました。筆者が購入したのは8年前。その時より機能性もデザイン性もアップし、今のエルゴはより使いやすく改良されています。


「エルゴベビー・ベビーキャリア OMNI360 クールエア」は、『親子のラク』が追求された抱っこ紐。涼しくて軽く、乾きやすいメッシュ製「クールエア」が使用されているので、どのシーズンも快適に使い続けることができます。 


新生児から幼児まで(3.2kg~20kg)成長に合わせて形を変えることができ、前向き抱きにも対応しています。

肩ストラップ&腰サポート付きウエストベルトは、重さをバランスよく分散するため、疲れにくさも追求されています。


なるべく肩や腰に負担のないものを選びたいですし、乾きやすい点もママにとって大きなメリット!

デザインもどんどん増えているので、愛用者が急増しています。


首座り前でも使える抱っこ紐!ベビービョルン


wear.jp


<商品>
ベビービョルン ベビーキャリアONE KAI /18,000円〜(税抜)


独自の立体的構造で作られた「ベビービョルン ベビーキャリアONE KAI」は、赤ちゃんを抱きしめるように抱っこすることができる抱っこ紐です。


首がすわる前の赤ちゃんの頭もしっかりと支え、調節ベルトを使用すれば、成長した赤ちゃんの首かっくんも防止します。


エルゴの場合、新生児用のインサートが必要でしたが、ベビービョルンはそのまま使用できるので、その点はとっても便利♪


抱っこからおんぶへとクルリとまわす簡単おんぶもできるので、「家事をするときはおんぶをしたい」というママや「インサートなしですぐに抱っこ紐を使いたい」というママに人気のアイテムですよ。


“夏用抱っこ紐”にいかが?merrier BEAMS(マタニティ&ナーシング)


wear.jp


<商品>
merrier BEAMS(マタニティ&ナーシング) ベビーケターン ベビー キャリア /9,000円(税抜)


高機能繊維で作られたメッシュ素材の抱っこ紐。通気性が良く、小さく折りたたむこともできるため、抱っこ紐からベビーカーへチェンジするときはカバンにさっと収納することができます。


紫外線をブロックする効果もあるため、小さな赤ちゃんを夏の強い紫外線から守ることも可能です。

抱っこ紐の洗い替えや念のために抱っこ紐を持っていきたい。筆者は、そんなときに大活躍したと感じる抱っこ紐でした。


赤ちゃんすっぽり♡安心ぐっすり♡コニー


wear.jp


<商品>
コニー抱っこ紐 Charcoal チャコール /6,880円(税抜)


コニーの抱っこ紐は、ファッションの一部として利用できるオシャレなデザインが魅力♪

赤ちゃんを抱っこしている時はもちろん、抱っこをしていない時もとってもスタイリッシュです。


抱っこ紐を、ファッションのワンポイントとして使用したいという人にも人気なんですよ。見た目だけでなく機能面も抜群!

赤ちゃんをすっぽり包み込み、安心感を与えてくれます。


merrier BEAMSの抱っこ紐よりさらに小さく収納できるので、荷物を最小限に抑えたいときに便利だと、筆者は感じました♪



機能面はもちろん、デザインにもこだわった人気の抱っこ紐をご紹介しました!

今回紹介した抱っこ紐はどれも使い勝手抜群でしたよ♪

これからママになる方はもちろん、お祝い品やセカンド抱っこ紐をお探しの方もぜひ参考にしてみてくださいね。

関連リンク

  • 7/21 21:30
  • myreco

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます