広島、延長10回鈴木の中前打でサヨナラ勝ち! 5月以来の同一カード3連勝

拡大画像を見る

広島は21日、本拠地・マツダスタジアムでの巨人戦を2-1でサヨナラ勝ち。5月30日ヤクルト戦以来の同一カード3連勝を飾った。

延長10回1死満塁から鈴木が中前へサヨナラタイムリーを放つ

■広島 – 巨人(21日・マツダスタジアム)

 広島は21日、本拠地・マツダスタジアムでの巨人戦を2-1でサヨナラ勝ち。5月30日ヤクルト戦以来の同一カード3連勝を飾った。

 広島は初回に西川の6号先頭打者ホームランで先制に成功。だが、3回に先発九里が1死三塁から丸に中犠飛を浴び同点に追い付かれるとその後は両チーム無得点が続く。試合は延長戦に突入し10回に1死満塁から鈴木が中前打を放ちサヨナラ勝ちを収めた。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 7/21 21:12
  • フルカウント

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 他サイトの某カルトコミュニティーって、巨人が勝つとお通夜、負けるとお祭り騒ぎだね…津さんみたいな野球を知らない他力本願の人ばかりだけどね😜

  • カープ3タテ

記事の無断転載を禁じます